マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ワールドHD Research Memo(6):17/12期業績は会社計画を上回る可能性が高い

2017年10月19日 15:16

■今後の見通し

1. 2017年12月期の業績見通し
ワールドホールディングス<2429>の2017年12月期の連結業績は、売上高で前期比31.3%増の123,846百万円、営業利益で同15.4%減の6,270百万円、経常利益で同18.7%減の5,936百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同16.0%減の3,519百万円と期初計画を据え置いている。減益を見込んでいるのは、2016年12月期第3四半期に不動産事業において高収益の事業用地の売却益を計上した反動によるものだが、第2四半期まで期初計画を上回っていること、また、人材・教育ビジネスの需要は足下も好調な状況に変わりないことなどから、通期業績においても会社計画を上回る可能性が高いと弊社では見ている。ただ、下期は2018年以降の更なる成長を見据えて、人材・教育ビジネスにおける人材育成に向けた投資を積極的に行っていく方針となっていることから、同ビジネスのセグメント利益率は上期の8.0%に対して、下期は若干低下するものと予想される。

なお、新たに子会社化した豊栄建設とファームの連結業績への影響額は、売上高で約100億円の増収要因となる。のれんは豊栄建設が469百万円、ファームが452百万円で、それぞれ5年定額償却となっている。豊栄建設の収益水準については、同社の開示資料によると2015年12月期で売上高7,269百万円、営業利益330百万円となっている。戸建住宅関連は順調に拡大していることから、2017年12月期の業績も、のれん償却控除後ベースで利益貢献することが見込まれる。

一方、ファームの業績については2016年4月期の単独ベースで売上高2,193百万円、経常利益235百万円となっているが、子会社も含めると赤字となっている。同事業に関しては、将来の日本を背負う子供たちの健全な成長を育む場を提供する社会貢献事業としての側面も持っている。今後は、集客力や顧客平均単価のアップに向けた取り組みを進め、収益力の向上を目指していく考えだ。当面は施設設備の維持・更新投資など先行投資がかかるため、利益面での貢献は見込み薄ではあるものの、中長期的には収益貢献する事業に育成していく方針となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。