マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ワールドHD Research Memo(5):収益水準から見た財務リスクは低い

2017年10月19日 15:15

■業績動向

3. 財務状況と経営指標
ワールドホールディングス<2429>の2017年12月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産残高は前期末比5,633百万円増加の79,025百万円となった。主な変動要因を見ると、流動資産では現金及び預金が267百万円増加したほか、不動産事業における販売用及び仕掛販売用不動産が1,334百万円増加した。また、固定資産では連結子会社の増加を主因として有形固定資産が2,414百万円、のれんが643百万円増加した。

一方、負債合計は前期末比4,620百万円増加の62,549百万円となった。販売用不動産の購入資金や子会社株式取得資金として調達した短期借入金の増加によるもので、有利子負債額は4,197百万円増加している。財務活動によるキャッシュ・フローで有利子負債の増減を見ると2,100百万円の増加となっていることから、残りの半分は連結子会社が増加したことによる影響と考えられる。

純資産は前期末比1,012百万円増加の16,476百万円となった。親会社株主に帰属する四半期純利益の計上等により利益剰余金が784百万円増加したことが主因となっている。

経営指標を見ると、財務の安全性を示す自己資本比率は前期末の19.4%から19.1%と若干低下し、有利子負債比率は前期末の297.5%から308.4%に上昇した。ネットキャッシュ(現預金‐有利子負債)も、前期末の-26,475百万円から-30,405百万円とマイナス幅が拡大しており、財務の安全性という面においてはやや悪化したと言えるが、現在の収益水準や超低金利が続く市場環境下においては、財務リスクを懸念する必要はないと考えられる。同社では不動産事業において資金回収期間がデベロップメント関連と比較して短い戸建住宅やリノベーション関連、あるいは毎月一定の売上収入が入る賃貸管理関連やユニットハウスのレンタル関連などを育成していくことで全体のキャッシュ効率を高め、財務体質の改善を進めていく戦略となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントで投資? サービスの詳細を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。