マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【相場概況】日経平均は13日続伸、29年8ヶ月ぶり歴代2位の記録

2017年10月19日 16:07

日経平均は13日続伸。18日の米国市場でNYダウは大幅に4日続伸し、終値で初めて
23000ドルを上回った。円相場も1ドル=113円台まで下落する場面があり、本日の日経平均は86円高と前日に付けた取引時間中の年初来高値を上回ってスタートした。
前場をこの日の高値21503.85円(前日比140.80円高)で折り返すと、後場には伸び悩む場面も見られた。しかし、先高期待から押し目買い意欲も根強く、株価の支えとなった。日経平均の13日続伸は1988年2月以来29年8ヶ月ぶりで、歴代2位の連続上昇記録となる。

大引けの日経平均は前日比85.47円高の21448.52円となった。21年ぶりの高値水準となっている。東証1部の売買高は15億2038万株、売買代金は2兆4106億円だった。業種別では、鉄鋼、保険業、金属製品が上昇率上位だった。一方、石油・石炭製品、電気・ガス業、水産・農林業が下落率上位だった。

個別では、神戸鋼<5406>が売買代金トップで6%を超える上昇。自動車各社が同社アルミ板について安全性を確認したと発表し、後場に入り急伸した。その他では任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>などが堅調。
SUMCO<3436>が4%近く上昇したほか、東エレク<8035>や信越化<4063>などの半導体関連株が大きく買われた。一部証券会社の目標株価引き上げが観測されたタカラトミー<7867>は急伸。また、明治海<9115>、オーバル<7727>、東芝機<6104>などが東証1部上昇率上位となった。一方、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>、ファナック
<6954>、NTT<9432>などは小幅に下げた。enish<3667>は引き続き新作ゲームの配信開始による材料出尽くし感から売られた。また、京都友禅<7615>、双信電機<6938>、エフオン<9514>などが東証1部下落率上位となった。

<HK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。