マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】新興市場見通し:足元さえないマザーズも目先反発へ、SKIYAKIなど3社IPO

2017年10月21日 14:54

先週の新興市場では、日経平均が10月20日まで歴代最長記録に並ぶ14日続伸を達成するなか、マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに下落した。マザーズ指数が25日線水準まで調整した場面では買い戻しや押し目買いが入ったが、主力大型株優位の相場展開が続くなかではマザーズ市場の参加者は限られ、戻りも限定的だった。なお、週間の騰落率は、日経平均が+1.4%であったのに対して、マザーズ指数は-1.2%、日経ジャスダック平均は-1.2%だった。

個別では、ミクシィ<2121>が週間で0.7%安、サイバーダイン<7779>が同0.1%高、そーせいグループ<4565>が同3.8%安と、マザーズ時価総額上位は上値の重い展開が続いた。直近IPO銘柄のPKSHA Technology<3993>は上げ一服で高値もみ合いとなった。その他のマザーズ売買代金上位では、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、串カツ田中<3547>などが買われ、通期決算と株式分割の実施を発表したウォンテッドリー<3991>が週間のマザーズ上昇率トップとなった。反面、直近IPO銘柄のテックポイント<6697>やロードスターキャピタル<3482>などは利益確定売りに押された。ジャスダック主力はハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>が同3.3%安、エン・ジャパン<4849>が同5.0%安と全般さえない。売買代金上位では、電気自動車(EV)関連の田中化学研究所<4080>や新製品発売が材料視されたテクノホライゾン・HD<6629>などが大きく買われた。また、重松製作所<7980>が防衛関連などのテーマ性で物色を集め、週間のジャスダック上昇率トップとなった。一方、直近IPO銘柄の大阪油化工業<4124>などは利益確定売り優勢で、タイ子会社の株式取引が一時停止されたウェッジHD<2388>が下落率トップだった。

今週の新興市場では、マザーズ指数が短期的に反発を試す場面もありそうだ。日経平均の続伸記録がストップし、上げ一服となれば、個人投資家の関心は出遅れ感のあるマザーズ銘柄にも向かうだろう。ただ、外国人主導の相場展開であることや7-9月期の決算発表が本格化してくることを考慮すると、本格的なリバウンドに転じるにはなお時間を要すると考えられる。また、約3週間ぶりとなるIPOが予定されており、注目を集めそうだ。

今週は、10月26日にインフォコム<4348>、ニューフレアテクノロジー<6256>、ソウルドアウト<6553>、27日にAiming<3911>、ブロードメディア<4347>、東映アニメーション<4816>、エリアリンク<8914>、沖縄セルラー電話<9436>などが決算発表を予定している。インフォコムは上期業績を上方修正済みで、通期見通しに注目したい。業績好調が続く東映アニメーションも期待が高まりそうだ。また、25日から「東京モーターショー2017」が開催されるため、EVや自動運転の関連銘柄も改めて注目されるだろう。

IPO関連では、10月25日にシルバーライフ<9262>とテンポイノベーション<3484>、26日にSKIYAKI<3995>がいずれもマザーズへ新規上場する。SKIYAKIはユニークな社名と事業内容で人気が高く、初値を飛ばしそうだ。シルバーライフとテンポイノベーションは資金分散の影響が想定されるものの、堅調な初値形成となるだろう。なお、先週はサインポスト<3996>(11月21日、マザーズ)の新規上場が発表されている。

<FA>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。