マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今週の【マザーズ市場】10月16日~20日『参加者限られ戻しきれず』

2017年10月22日 15:07

【続落、大型株シフト続く】16日(月)

■概況■1087.43、-10.92
16日(月)のマザーズ市場は、主力株を中心に売り優勢の展開となった。日経平均が10日続伸し、上げ幅を3ケタに広げるなか、引き続き大型株シフトが意識されたようだ。個別材料株の一角に物色が向かったが広がりを欠き、PKSHA<3993>などの直近IPO銘柄も引けにかけて急失速した。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で971.95億円。騰落数は、値上がり82銘柄、値下がり148銘柄、変わらず12銘柄となった。

◆注目銘柄◆
SOSEI<4565>、ミクシィ<2121>、UNITED<2497>などが下落。直近IPO銘柄のロードスター<3482>、前週末に決算発表したTKP<3479>やGunosy<6047>の下げが目立った。メタップス<6172>は決算発表の延期を受けて一時急落。また、U&C<3557>がマザーズ下落率トップとなった。

一方、PKSHAやテックポイント<6697>、MSコンサル<6555>といった直近IPO銘柄が上昇。PKSHAは一時13%超高となったが、引けにかけて利益確定売りがかさんだ。DMP<3652>は連日の大幅高。また、串カツ田中<3547>やウォンテッドリー<3991>はストップ高水準で本日の取引を終えた。ともに決算や株式分割の実施を発表していた。

--------------------------------------

【小幅に3日続落、前引けにかけて売り】17日(火)

■概況■1085.66、-1.77
17日(火)のマザーズ市場では、朝方こそ押し目買いの動きが先行したものの、日経平均が前引けにかけて弱含んだことに連れて利益確定売りがかさんだ。後場に入ると売買代金トップのPKSHA<3993>などが切り返したが、マザーズ指数は前日終値を前に戻り一服となった。引き続き大型株優位の相場展開が意識されているようで、マザーズ銘柄物色は広がりを欠いた。なお、マザーズ指数は小幅に3日続落、売買代金は概算で982.58億円。騰落数は、値上がり95銘柄、値下がり134銘柄、変わらず13銘柄となった。

◆注目銘柄◆
メタップス<6172>、SOSEI<4565>、ロードスター<3482>、アンジェス<4563>、テックポイント<6697>などが軟調。また、サンバイオ<4592>がマザーズ下落率トップとなった。同社株価は9月以降急ピッチの上昇が続いていたが、短期的な過熱感が意識されたようだ。一時13%安となる場面があった。

一方、直近IPO銘柄のPKSHAも利益確定売りに押される場面があったが、後場に入ると強い切り返しを見せた。MSコンサル<6555>は国内運用会社の大量保有報告書提出を受けて後場急伸。また、アエリア<3758>と女性向け位置ゲーム創出で合弁会社を設立するエディア<3935>や一部レポートが材料視されたメドレック<4586>がストップ高となり、SHIFT<3697>やマーケットE<3135>も10%超の大幅高となった。その他、GNI<2160>やDMP<3652>などが上昇した。

--------------------------------------

【4日続落、日経平均12連騰のなか、直近IPOのPKSHAなど売られる】18日(水)

■概況■1081.15、-4.51
18日(水)のマザーズ市場では、4日続落となった。前日のNYダウが史上初の23000ドルを一時突破したことなどを追い風として、日経平均が2015年5月15日から6月1日にかけての12連騰記録を試す展開となるなかで、投資家の目線は主力大型株へと向いた。また、セカンダリーでの活況な動きが目立っていたPKSHA<3993>などの直近IPO銘柄が売られたことなどもセンチメントを悪化させる一因となった。一方で、好業績銘柄やEV(電気自動車)などのテーマへの物色は根強く、指数を下支えし、下値の堅さが意識されていた。売買代金は概算で978.31億円。騰落数は、値上がり97銘柄、値下がり137銘柄、変わらず8銘柄となった。

◆注目銘柄◆
マザーズ売買代金上位では、連日の大幅続伸をみせていた直近IPO銘柄であるPKSHA<3993>やMSコンサル<6555>のほか、時価総額上位銘柄のGNI<2160>などが売られる展開となった。一方で、5営業日ぶりに反発となったメタップス<6172>のほか、SOSEI<4565>やミクシィ<2121>などが上昇した。また、EV関連として大泉製作所<6618>などにも物色が向かった。

値下り率上位には、上期及び通期業績予想の下方修正が嫌気されたPXB<6190>のほか、ウォンテッドリー<3991>やテックポイント<6697>などが並んだ。一方で、値上り率上位では、エディア<3935>のほか、メドレックス<4586>やエムビーエス<1401>などが2ケタ超の大幅上昇となった。

--------------------------------------

【5日ぶり反発、大型株優位で商い低調】19日(木)

■概況■1087.17、+6.02
19日(木)のマザーズ市場では、前日にマザーズ指数が25日線水準まで下落していたこともあり、主力株を中心に買い戻しや押し目買いの動きが優勢となった。ただ、日経平均が29年8ヶ月ぶりの13日続伸となるなか、マザーズ市場の商いは低調だった。軽量感の強い小型材料株の一角が値を飛ばした。なお、マザーズ指数は5日ぶり反発、売買代金は概算で675.91億円と9月25日以来の低水準だった。騰落数は、値上がり103銘柄、値下がり128銘柄、変わらず11銘柄となった。

◆注目銘柄◆
MSコンサル<6555>、メタップス<6172>、SOSEI<4565>、DMP<3652>、GNI<2160>などが上昇。機械翻訳開発の進展が好感されたロゼッタ<6182>は朝方から買い気配のままストップ高比例配分となり、HMT<6090>やウォンテッドリー<3991>もストップ高水準で本日の取引を終えた。HMTは東洋紡<3101>とうつ病関連バイオマーカー用酵素の量産技術を確立したと発表している。バリューゴルフ<3931>はテレビ番組で紹介されたことを受けて16%高となった。

一方、直近IPO銘柄のPKSHA<3993>は利益確定売りに押され小幅安となり、ロードスター<3482>、Gunosy<6047>、サンバイオ<4592>なども下落した。また、前日までストップ高が続いたエディア<3935>が本日は急反落し、マザーズ下落率トップとなった。

--------------------------------------

【反落、参加者限られ戻しきれず】20日(金)

■概況■1084.87、-2.30
20日(金)のマザーズ市場では、主力株を中心に売りが先行し、マザーズ指数は25日線水準まで下落する場面があった。下値では押し目買いや買い戻しが入り下げ渋ったが、プラス圏まで戻しきれず本日の取引を終えた。日経平均の連続上昇記録に市場の関心が向かうなか、マザーズ市場の参加者は引き続き限られたようだ。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で761.63億円。騰落数は、値上がり95銘柄、値下がり137銘柄、変わらず10銘柄となった。マザーズ指数はおおむね5日線と25日線に挟まれたレンジで推移した。

◆注目銘柄◆
直近IPO銘柄のPKSHA<3993>がマザーズ売買代金トップで3日続落。SOSEI<4565>、MSコンサル<6555>、エディア<3935>、ソレイジア<4597>、ミクシィ<2121>も下落した。また、大泉製<6618>、HMT<6090>、DMP<3652>が利益確定売りに押され、マザーズ下落率上位に並んだ。

一方、メタップス<6172>、ロゼッタ<6182>、GNI<2160>、メドレック<4586>、ロードスター<3482>などが上昇。スタジオアタオ<3550>は英系運用会社の大量保有報告書提出が材料視されて後場上げ幅を広げた。また、ウォンテッドリー<3991>は連日のストップ高となった。業績の伸びや値動きの軽さで物色を集めたようだ。

--------------------------------------

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。