マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】党大会、工場1000社操業停止も北京市「青空」見えず

2017年10月23日 9:31

 中国共産党代表大会の開幕日の18日、北京市で大気汚染が発生し、街は有害物質を含む濃霧に覆われた。北京気象当局は同日、大気汚染の深刻さを示す4段階警報のうち上から2番目の深刻な「オレンジ警報」を発令した。中国当局は北京市に「党大会ブルー」をつくるため、党大会の開催に合わせて北京市及び周辺省・市の工場に操業停止を命じていた。しかし、功を奏さず、北京の空は汚染物質により灰色に染まった。

 香港紙・蘋果日報によると、当局は党大会開催に備え、北京市と周辺都市の1000社以上の鉄鋼メーカーやセメント工場に操業停止令を出した。

 北京市気象台は18日午後4時30分に「オレンジ警報」を発し、同日夜から翌19日午前にかけて、市内一部の地区で視程が500メートル以下になるため、警戒を呼び掛けた。

 19日午前6時半ごろ、一度は取り下げた「オレンジ警報」を気象台はふたたび発した。市内大半の地区では、視程が200メートルになった。

 また、北京市上空の大気汚染情報を提供するウェブサイトによると、19日北京市中心部の空気質指数(AQI)は150を上回った。汚染物質PM2.5による中度の汚染だという。

 スモッグの影響で19日、北京~上海高速道路など7つの主要高速道路の北京市区間はすべて閉鎖した。

 多くの北京市民はスモッグに覆われた市内の様子を写真に収め、会員制交流サイト(SNS)に投稿した。「運転していたけど、スモッグで何も見えないから、ハザードランプを付けて車を路肩にしばらく止めてたよ」「北京では青空が全く見えない。大会は開催したけど、スモッグがまだ漂ってる。当局はもうPM2.5の解決にお手上げだ」と多くのコメントを書き込んだ。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。