マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):安川電、ディーエヌエー、SUMCOなど

2017年10月24日 11:34

安川電<6506>:3980円(-170円)
大幅反落。主力株の中で先陣を切って、前日に上半期の決算を発表。営業利益は278億円で前年同期比約2倍、通期予想は従来予想の455億円から540億円に上方修正。年間配当金も従来計画の30円から40円に引き上げた。ただし、実績値は会社計画や先の観測報道数値をやや下振れ、上方修正した通期予想も市場コンセンサス並みの水準でサプライズは限定的。第1四半期決算のプラスインパクトが強かっただけに出尽くし感が優勢に。

ディーエヌエー<2432>:2634円(+179円)
大幅反発。前日に任天堂<7974>が、スマホ向けアプリ「どうぶつの森」に関する情報を25日の12時にするとしている。同ゲームは、同社と任天堂の協業ゲームであり、配信開始の接近で期待感が先行する状況。ニンテンドー3DSで発売された『とびだせ どうぶつの森』は世界累計1100万本を超える大人気シリーズであり、これまでリリース予定は延期されてきていた。

SUMCO<3436>:2219円(+55円)
続伸。足元では上昇ピッチが早まる展開に。本日はゴールドマン・サックス証券が投資判断「買い」を継続で、コンビクション・リストに新規採用していることが材料視されている。目標株価は2100円から3100円に引き上げ。半導体製造装置セクターの中で、来期以降の業績改善は最も秀でている一方、株価は足元軟調で訂正余地は大きいとの評価。今後、良好なウエハ需給が持続する点が織り込まれてくると予想している。

東芝テック<6588>:655円(+12円)
大幅続伸。一時673円まで上昇し、1月23日につけた年初来高値を更新している。前日に上半期の業績予想を上方修正、営業利益は従来予想の50億円から100億円にまで倍増させている。POSシステムなどを扱う国内リテールソリューション事業を中心に好採算品の売上構成比が上昇したほか、円安による採算改善なども寄与。第1四半期好決算から上振れは想定線も、一転しての大幅増益見通しにインパクトは強まる。

五洋建<1893>:745円(+17円)
続伸。前日に上半期の収益予想を上方修正していることが買い材料に。営業利益は従来予想の113億円から134億円に上方修正。売上は下振れたものの、国内土木・建築工事の採算が改善したことが背景。第1四半期は2ケタ減益決算と低調なスタートであったことから、想定を上振れての増益見通しがサプライズに。なお、通期予想は据え置きとしているが、上振れを織り込む動きにも。

ヤマダ電機<9831>:597円(-16円)
大幅反落。上半期経常利益は前年同期比1割減の250億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。従来予想の316億円、同14%増益から一転、上半期としては4年ぶりの減益となる見込みのようだ。家具やリフォームの事業拡大に伴う店舗改装コストが膨らんだもよう。下期の住宅事業好転を見込んで、通期予想は据え置く見込みとされているが、決算の上振れが全般的に目立つ中、下振れ決算への反応は厳しくなっている。

Trends<6069>:1382円(+102円)
急伸。18年3月期上期予想の上方修正を発表。営業利益は従来予想0.60億円の約2倍となる1.24億円と大幅に引き上げている。中核事業であるマーケティング事業が堅調に成長した他、経営の効率化も進展したようだ。第1四半期の進捗から上振れ期待は強かったと見られるが、修正幅の大きさがインパクトに。なお、通期計画は据置きとしている。

ドリコム<3793>:1333円(+56円)
大幅続伸。前日の大引け後に発表した18年3月期上期予想の上方修正が好感されている。営業利益を0.50億円から1.65億円に修正し、経常損益は0.50億円の赤字から一転、0.58億円の黒字予想に引き上げている。利益率の高い既存IPゲームアプリが想定を上回る好調な推移をみせた他、広告宣伝費を運用状況にあわせ調整したことなどが奏功したようだ。

文教堂HD<9978>:410円(+8円)
反発。アニメグッズの卸売業を始めると一部メディアが報じている。筆頭株主で出版取次大手の日本出版販売を通じ、全国の書店に自社で開発したキャラクターグッズを販売するようだ。報道によると、まずは名古屋市や京都府などの全国6書店にアニメ「おそ松さん」などの缶バッジやキーホルダーを販売する。高収益のアニメグッズによる業績寄与の他、来店者が書籍を買う相乗効果なども期待されているようだ。

ネオジャパン<3921>:1920円(+320円)
急騰。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表しており、流動性向上に期待した買いが向かっているようだ。なお、基準日は11月15日、効力発生日は11月16日。この影響で、配当予想を4円25銭から2円13銭に修正、実質1銭の増配とした。加えて株主優待制度も実質拡充している。

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。