マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は続落、大手企業の業績悪化が圧迫材料

2017年10月24日 13:28

【ブラジル】ボベスパ指数 75413.13 -1.28%
23日のブラジル株式市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前日比977.39ポイント安(-1.28%)の75413.13で取引を終えた。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅を拡大させた。米株式市場の下落が嫌気され、ブラジル株にも売り圧力が強まった。また、不透明な国内政治情勢や企業決算の悪化懸念なども圧迫材料となった。

【ロシア】MICEX指数 2063.81 -0.39%
23日のロシア株式市場は続落。主要指標のMICEX指数は前日比8.02ポイント安(-0.39%)の2063.81で取引を終了した。

朝方はプラス圏で推移したが、その後は売りに押された。大手企業の業績悪化が圧迫材料。小売大手マグニト(MGNT)が大幅安となった。7-9月期は53.27%の減益だったとの報告が嫌気された。一方、ロシア中央銀行が利下げを示唆したが、相場を支えるには力不足だった。

【インド】SENSEX指数 32506.72 +0.36%
23日のインドSENSEX指数は強含み。前日比116.76ポイント高(+0.36%)の32506.72、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同38.30ポイント高(+0.38%)の10184.85で取引を終えた。

中盤は売られる場面もあったが、その後は再びプラス圏を回復した。海外市場の上昇を受け、インド株にも買いが広がった。また、景気の回復期待が高まっていることが引き続きも支援材料。ほかに、企業決算への期待や政府が中小企業向けに景気刺激策を検討しているとの報道なども指数をサポートした。

【中国本土】上海総合指数 3380.70 +0.06%
週明け23日の上海総合指数は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比2.05ポイント高(+0.06%)の3380.70ポイントと続伸した。

方向感に乏しい展開。売り買いが交錯する中で指数は一進一退を続けた後、結局プラス圏でこの日の取引を終えた。「自由貿易港」や「雄安新区」、環境保護関連など政策メリット銘柄の一角に買いが継続したほか、好業績予告を発表した中国人寿保険(601628/SH)など保険株が上昇。半面、銀行や証券、自動車などのセクターが売られている。また、引き続き第19回共産党大会(18~24日)が開催中とあって、その内容を見極めたいとのスタンスから手控えムードも強かった。

<NH>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。