マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】AOITYOHold Research Memo(4):2017年12月期上期決算は期初予想を上回る順調な滑り出し

2017年10月24日 15:47

■決算概要

AOI TYO Holdings<3975>の2017年12月期上期の業績は、売上高が前年同期比4.1%増※の33,729百万円、営業利益が同15.1%増の2,358百万円、経常利益が同25.5%増の2,305百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同44.1%増の1,189百万円と増収増益となった。期初予想に対しても、売上高、営業利益ともに上回る進捗となっている。

※前年実績値は、AOI Pro.及びTYOの暦年ベース(プロフォーマ、12月期ベース)連結業績の単純合算数値を使用。

売上高は、主力の「広告映像制作事業」を始め、各事業がおおむね堅調に推移するなか、成長領域である「ソリューション事業」の伸びが増収に大きく寄与した。また、顧客別売上高では、「ソリューション事業」の伸びに連動する形で「直接取引」が拡大している。一方、「電通<4324>グループ」向けが落ち込んでいるのは、個別案件の影響であり、通期ベースでは改善する方向のようだ。

利益面では、案件受注段階からの厳格な精査・選別、収益管理の徹底等により大幅な原価低減を図った。また、統合に伴う費用などにより販管費が大きく増加したものの、増収効果や原価低減により吸収することで営業増益を実現し、営業利益率も7.0%(前年同期は6.3%)に改善している。なお、統合に伴う費用は、のれん償却費※、株式取得費用、ホールディングスの設立費用など約3億円とみられるが、のれん償却費と支払家賃の増加分以外は一過性の費用であるようだ。

※のれん償却額の総額は152百万円であるが、そのうち、統合に伴うものは約100百万円(年間償却額は20年償却で約200百万円)とみられる。

財政状態は、総資産が52,269百万円、自己資本が23,218百万円となり、自己資本比率は44.4%を確保するとともに、流動比率も171.9%と高い水準にあることから財務基盤の安定性に懸念はない。また、有利子負債は10,857百万円、D/Eレシオは0.44倍と低い水準にある。なお、総資産のうち、「のれん(無形固定資産)」は4,218百万円(総資産の8.0%)となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<MW>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。