マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】緩やかな上昇が見込まれる米金利がドル円をサポート、SMBC日興証券(花田浩菜)

2017年10月26日 14:44

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

10/26付けの「主要通貨デイリー」では、米長期金利について考察していますのでご紹介します。

同レポートではまず、『25日の日経平均は反落し、連騰記録は16日でストップとなった。
当面は、これから本格化する主要企業の2018年3月期第2四半期決算の結果を睨みながらの展開が予想される。一方、ドル円は引き続き米10年金利と概ね連動して推移しており、25日には米金利が2.473%まで上昇する中で一時114.24円まで上昇した』と伝えています。

続けて、こうした足元の金利上昇の背景として、『1.次期FRB(連邦準備制度理事会)議長にタカ派(利上げに積極的)のテーラー氏が指名された場合の利上げペース加速観測の高まり、2.税制改革の年内実現に対する期待などが挙げられよう』と分析しています。

さらに、『1.のFRB議長の後任人事は近いうちに明らかになるとみられるが、タカ派とハト派(利上げに消極的)のどちらが指名されるかは依然として不透明。ハト派が指名された場合は一時的に金利低下要因となろう。一方、2.の税制改革に関しては、本日下院が上院で可決された予算決議案の採決を行う予定となっている。可決されれば、税制改革の年内実現に対する期待の高まりが維持されよう。ただ、上院共和党では税制改革案に反対を表明している議員もおり、先行きは報道を受けて一喜一憂する展開が想定される』と今後の展開を見ています。

最後に、今後のドル円について、『最終的には実現する公算が大きく、米金利上昇をサポートしよう。その際、米金利の次の節目は2.60%となるが、昨年10月以降のドル円と米10年金利の連動性が今後も続くと仮定した場合、ドル円は116円台前半まで上昇が期待される』とまとめています。

詳しくは10/26付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。