マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ブイキューブ— i-Construction推進コンソーシアムに技術提供、工事現場のICT活用推進で引き合い増に期待

2017年10月26日 15:59

ブイキューブ<3681>は10月26日、i-Construction推進コンソーシアムの技術開発・導入WGが進める技術の活用可能性の検証に、グループ会社のパイオニアVCが「xSync(バイシンク)Prime Collaboration(xSync Prime)」及び関連機器を提供し、25日より試行を開始したと発表している。

パイオニアVCは国土交通省が設立したi-Construction推進コンソーシアムの技術開発・導入WGが主催するピッチイベントで、行政及び現場の「工事現場の可視化と遠隔地での確認」ができる技術ニーズに対し遠隔ビジュアルコラボレーションツールの「xSync Prime」を提案し、マッチング技術として決定した。東北地方整備局管内の建設現場のうち、岩手県九戸郡野田村野田で試行を開始している。

今回の現場では定点カメラ及びウェアラブルデバイスを導入している。現場と現場から離れた事務所の合計3拠点を遠隔で結び、「xSync Prime」を用いて施工状況をリアルタイムな映像で確認したりするなど、現場の可視化と効率化を進めていく。

前述の技術ニーズにおいては、現場監督・検査の負担軽減、施工状況の確認による工事事故抑制、施工体制の点検と施工実態の把握が解決すべき喫緊の課題として挙げられており、技術を利用する現場及び技術提供企業は本試行を通じて新たな課題を抽出し、今後の技術開発に活かす予定という。建設業界では人手不足等を背景に工事現場におけるICTの活用「i-Construction」を官民挙げて推進している。こうした動きが広がれば、「xSync Prime」などの同社ソリューションも一段と引き合いが強まることが期待される。

<MW>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。