マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アウトソシング Research Memo(9):好調な外部環境や独自戦略の進展により高い成長率を継続

2017年10月26日 15:29

■成長戦略

1. 中期経営計画
アウトソーシング<2427>は、2020年12月期までの中期経営計画「VISION 2020:新フロンティア創出への挑戦」(2016年12月に増額修正)を推進している。国内メーカーによる生産拠点の海外移管(国内生産の縮小)や国内労働人口の減少、産業構造のパラダイムシフトなど、国内外のマクロ環境が目まぐるしく変化するなか、従来のビジネスモデルは崩壊し、その延長線では大きな成長が望めないばかりか、変化に対応できずに淘汰される可能性が高まっている状況に対応すべく、これまでの景気変動の影響を受けやすい事業特性からの脱却を図るとともに、いかなる事業環境にも打ち克つ企業体へと進化させていく方針である。

「国内製造系アウトソーシング事業」はPEOスキームに特化することで長期事業領域への転換を図る。その一方で、IT及び土木建築分野(国内技術系アウトソーシング事業)やコンビニ業界向け(国内サービス系アウトソーシング事業)など製造とサイクルの異なる分野や、米軍基地向け(国内サービス系アウトソーシング事業)や公的サービスの民間委託分野(海外技術系事業、海外サービス系事業)など景気の影響を受けない分野を伸ばす計画である。すなわち、PEOスキームにより景気悪化時に雇用を維持してもグループ全体で黒字を確保し、景気回復時には正社員派遣により即対応できるグループ体制の構築を目指す。また、各事業を成長させることにより、「国内製造系アウトソーシング事業」のEBITDA構成比率は全体の10%以下に下げ、残り90%については、製造とサイクルの異なる分野、環境変化や景気の影響を受けない分野で、今が黎明期となるアウトソーシング事業をグローバルに拡大する方針としている。

最終年度である2020年12 月期の目標として、売上収益を4,410億円(4年間の平均成長率は年34.6%)、EBITDAを344億円(同47.3%)と意欲的な水準を掲げている。

2. 中期経営計画の前提
各事業年度における戦略のポイント(計画の前提)は以下のとおりである。

(1) 2017年12月期は「次の飛躍に向けた戦略的踊り場」と位置付け、大規模な追加的M&Aは見合わせ、既に買収した会社とのシナジー創出により投資回収期間を短縮する取り組みに注力するとともに、実質的なオーガニック成長として14%を目指す方針である。また、財務基盤の強化を図るため、2017年1月に発行した新株予約権の行使により約105億円の資金調達を実現しており、自己資本比率は20%台半ばへ回復する見込みとなっている。

(2) 2018年12月期についても、引き続き大規模なM&Aを想定しない一方、投資回収期間の短縮を図る取り組みにより財務基盤を強化し、自己資本比率30%超を目指している。

(3) 2019年12月期は、強靭な財務体質を背景として、2016年12月期と同規模の売上収益500億円程度のM&Aを計画している。

(4) 2020年12月期も、引き続き売上収益500億円程度のM&Aを計画している。また、2018年12月期からのオーガニック成長率は20%程度を想定している。

3. M&Aに関する考え方
同社は、前述のとおり、引き続きM&A(特に、海外事業の拡大)にも積極的に取り組む方針であるが、1)同社グループとのシナジーで今後大きく成長が見込まれる分野をターゲットにすること、2)取得コストを足元のEBITDAに対して7倍以内に抑えることをM&A実施への社内ルールに定めている。

弊社では、外部要因及び内部要因の両方がプラスに働くことにより同社の中期経営計画は十分に達成可能であると判断している。特に、外部要因については、1)2015年改正の労働者派遣法を背景とした業界淘汰に伴うニーズの獲得、2)2013年改正の労働契約法に伴うPEOスキームに対するニーズの拡大、3)先進国各国で拡大している公的サービスの民間委託分野(特に、成長余地の大きい英連邦への進出等)などが同社成長を後押しするものとみている。また、内部要因については、シナジー創出等によるオーガニック成長のほか、追加的なM&Aも計画されているが、これまでの実績から判断して高いハードルとはみていない。

一方、相次ぐ大型M&Aにより財務内容が大きく変化しており、有利子負債の拡大やのれんに対する減損リスクを懸念する見方もできるが、前述のとおり、同社のM&Aは各国政府や米軍基地向けのアウトソーシング分野など、固定資産を保有せず、キャッシュ・フローが安定的にプラスになっている企業が対象となっており、回収期間が短い上、景気変動の影響を受けにくいことから、減損リスクも小さいものと分析している。また、グループガバナンス体制の強化に向けた取り組みも、リスクマネジメントや戦略の精度向上の両面において効果が期待できる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

初めてのカードローン 会社を選ぶ基準は?
誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。