マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ロシアがICOとマイニングの規制準備【フィスコ・ビットコインニュース】

2017年10月26日 20:18

仮想通貨において各国が法整備を進める中で、ロシアではICOとマイニングの規制準備が進んでいるようである。

各国の法整備については二分化されており、日本で金融庁による仮想通貨交換業者の登録がなされたり、アメリカでICOに関して投資家への注意喚起が出されたりと投資家保護の観点からの法整備に取り組む姿勢をとる国がある一方で、取引禁止や規制強化をする国出ている。最近では、中国と韓国が今年9月にICOの規制を行っている。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、仮想通貨において、マイニングの登録やICOの証券法の適用を含む新しい規制を義務付けた。発表された指令では、仮想通貨についてロシア国内の新しい法的構造を義務付けるだけでなく、ユーラシア経済連合内での決済スペースを作り出すためのテクノロジー計画の設立も含まれているようだ。

規制の内容については、トークン販売によるICO(仮想通貨技術を利用した資金調達の一種)を規制するようだ。また、仮想通貨のマイナーの登録や、それによる所得税のシステムの開発も政府に命令したという。ロシア政府には、テクノロジー関連の新しい金融サービスの開発をサポートする狙いもあるようだ。

ロシアでは、独自の仮想通貨「crypto ruble」の発行準備を進める動きもあることが報道されている。これは法定通貨に紐づいていることでビットコイン等の国家や企業などに属さない仮想通貨とは性質が異なるものだが、近隣諸国もこれに呼応したかのような取り組みが見られる。

カザフスタンは仮想通貨市場参入の動きを見せており、同国が提携したExanteはプレスリリースにおいて、旧ソビエト連邦の仮想通貨市場を開発していくと発表している。また、エストニアも「estcoin」と呼ばれる独自のデジタル資産を提案している状態だ。

<SI>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。