マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】北京市当局、党大会に85万人民間監視員を投入=AFP通信

2017年10月27日 9:17

 5年に一度の中国共産党全国代表大会が10月24日に閉幕した。党大会開催中、厳戒態勢をしかれた北京市内では、武装警察や私服警官のほかに、民間監視員も数多く投入された。AFP通信が22日伝えた。

 報道によると、党大会開催中の北京市内では赤い腕章を付けた中高年の女性や男性が、街角やショッピングモールの前、横断歩道橋の下など様々なところで往来する人々の一挙手一投足に目を光らせていた。

 北京市当局は今年の夏、当局で登録済の「治安ボランティア」人数は85万人と公表している。各「治安ボランティア」グループは、「朝陽区住民」など区の名称を由来する名を付けられている。

 「治安ボランティア」の監視員は給料を受け取っているとみられる。

 また、AFP通信の記者が「治安ボランティア」の中年女性に取材を試みたが、「会社のルールで」記者と話してはいけないと断られた。

 もう一人の女性監視員は「今仕事をしている」と記者に言った。記者が腕章を付けた理由を尋ねると、この女性は近くにいる1人を指さして「彼たちが腕章を付けろと言ったから」と話した。

 ほとんどの監視員は、外国メディアの記者を警戒して取材を拒否したという。

 85万人の監視員に加えて、市内いたるところで数多くの武装警察が巡回していて、反テロ警察車両も多く導入され、過去1週間北京市内では尋常でないピリピリムードが漂っていた。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。