マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】C&R Research Memo(8):2018年2月期業績は国内クリエイティブ分野の好調で過去最高益を連続更新見通し

2017年10月31日 15:27

■クリーク・アンド・リバー社<4763>の今後の見通し

1. 2018年2月期の業績見通し
2018年2月期連結業績予想は、売上高が前期比0.3%減の26,500百万円、営業利益が同11.8%増の1,800百万円、経常利益が同18.4%増の1,750百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同12.0%増の1,000百万円と期初計画を据え置いた。クリエイティブ分野における請負事業や医療分野のエージェンシー事業は第3四半期に入ってからも堅調に推移しているが、新規事業に関する先行投資なども予定しており保守的に置いた格好となっている。ただ、足元の受注環境からすると会社計画値は下限値であり、上振れする可能性はあると弊社では見ている。

売上高が微減収となるのは韓国孫会社が連結子会社から外れた影響によるもので、これを除くと実質13%増収となる。費用面では、人員増強に伴う人件費の増加のほか、2018年9月に予定しているグループ拠点の統合に伴う関連費用及び基幹業務システムの開発費用等の増加があるものの、主力事業の増収効果に加えて、新規エージェント事業の収益改善が見込まれることから、営業利益率は前期比0.7ポイント上昇の6.8%となる見通し。新規エージェント事業では、建築分野が当第2四半期より黒字化したほか、ファッション、シェフ分野も今期末には月次ベースで収支均衡レベルまで改善を見込んでいる。

(執筆:フィスコアナリスト 佐藤 譲)

<TN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。