マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】U&C Research Memo(2):美味しさを突き詰めた結果、セントラルキッチンでなくISP戦略にたどり着いた

2017年11月9日 15:12

■会社概要

1. 会社概要
ユナイテッド&コレクティブ<3557>は、居酒屋業態の「鶏・旬菜・お酒 てけてけ」と海鮮和食業態の「魚・旬菜・酒 心」、ファーストフード業態の「the 3rd Burger」を運営する外食チェーンである。東京23区を中心にすべて直営で「てけてけ」56店(「生派てけてけ」1店、「ワインのてけてけ」2店を含む)、「心」2店、「the 3rd Burger」4店を展開している(2017年9月末)。

外食企業では、大半の起業家が「美味しさ」にこだわって事業をスタートする。店内で素材から加工するのが最も美味しいとされるが、しかし、成長を追い求め始めると「美味しさ」と効率性、多店舗展開の三つ巴のトレードオフが発生する。現在最もバランスが取れた運営方法と言われるのが、大手外食チェーンが採用しているセントラルキッチンを核にしたチェーンストアシステムで、「美味しさ」というより品質の安定と、効率性、多店舗展開の3つのトレードオフをバランスさせている。そうしたチェーンは店内で、一部煮る・炊く・焼くことも行うが、多くの場合、セントラルキッチンで作られた半製品をジェットオーブンや湯煎によって最終加工するだけである。

同社は創業来、リーズナブルな価格で「本当に美味しい料理」を提供することにこだわってきた。これを突き詰めた結果、同社はセントラルキッチンではなく、後述するISP(In Store Preparation)戦略にたどり着くことになった。これにより、店内調理を維持しながらの「美味しさ」、品質の安定、効率性、多店舗展開という4つのバランスを同時に取ることを可能にし、創業16年で売上高5,479百万円(2017年2月期)という規模に成長することができた。同社は「200-20(Two hundred-Twenty)」を掲げ、2020年末までに200店舗を展開することを中期ビジョンに掲げている。その後も外食産業売上高日本一を目指しているが、業界の常識を超えた発想による「本当に美味しい料理」も提供し続ける考えである。

2. 沿革
坂井英也(さかいひでや)代表取締役社長が2000年7月に個人事業として同社を創業、9月に「魚・旬菜とお酒 心」1号店となる高田馬場店をオープンした。2002年6月に株式会社に改組、2005年6月に「鶏・旬菜・お酒 てけてけ」1号店を赤坂にオープンした。「てけてけ」はその後、主力業態として同社初期成長の核となり、居酒屋業界退潮のなかでひときわ輝くことになる。2012年11月に「てけてけ」の派生業態である「生串と生ワイン生派 てけてけ(西新宿7丁目店)」、12月にはハンバーガーカフェの新業態「the 3rd Burger(青山骨董通り店)」1号店をオープンした。2017年2月に東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場、9月に「the 3rd Burger」のローコストタイプ「theサードバーガー」を三軒茶屋茶沢通りにオープンした。「theサードバーガー」は、「てけてけ」に続く2本目の柱として、今後の成長をけん引していくことが期待されている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。