マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ハピネット—2Qは増収増益達成、ビデオゲーム事業の大幅伸長が貢献

2017年11月10日 16:30

ハピネット<7552>は10日、2018年3月期第2四半期(2017年4~9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比17.1%増の848.27億円、営業利益が同108.6%増の17.61億円、経常利益が同121.1%増の16.40億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同217.0%増の10.44億円と大幅増収増益となった。
同社は9月25日に第2四半期の業績予想の修正を発表していたが、それをさらに上回る着地となった。

玩具事業では、バンダイ商品において、9月に放送を開始した「仮面ライダービルド」や「ウルトラマンジード」関連及び女児ホビー関連が好調に推移したものの、市場全体をけん引するに至らず、売上高は前年同期を下回った。利益面においては、販売管理費の減少などにより前年同期を上回った。

映像音楽事業では、映画「君の名は。」や自社幹事作品である映画「キセキ—あの日のソビト—」のパッケージが好調に推移し、売上高、利益面ともに前年同期を上回った。

ビデオゲーム事業では、任天堂<7974>の「Nintendo Switch」及び「スプラトゥーン2」などの関連ソフトやニンテンドー3DS・PlayStation4のソフト「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」などのヒットにより、売上高、利益面ともに前年同期を大幅に上回った。

アミューズメント事業では、カプセル玩具は駅構内や、高速道路のサービスエリアにおける期間限定販売、大型ショッピングモールでの増設など優良ロケーションの獲得により好調に推移したものの、カードゲーム商材が低調に推移したことにより、売上高は前年同期を下回った。利益面においては、ロケーションの見直しなどにより前年同期を上回った。

2018年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比3.4%増の1,800億円、営業利益が同13.6%増の42億円、経常利益が同14.9%増の40億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同22.5%増の25億円とする期初計画を据え置いている。
「Nintendo Switch」は引き続き好調に推移するとみられ、また12月には同社最大の商戦期であるクリスマス商戦を迎える。通期についても上方修正となるのかどうか注目したい。

<TN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。