マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:ECBバズーカ小規模にとどまる、5人のメンバーが追加緩和に反対

2015年12月4日 7:31

欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で市場予想通り、中銀預金金利の下限を10ベーシスポイント引き下げマイナス0.3%としたほか、資産購入の対象を拡大、元本支払い額の再投資などを含む追加緩和策を発表した。しかし、中銀預金金利の利下げ幅が10ベーシスポイントにとどまったほか、一部では拡大が期待されていた量的緩和(QE)でも購入規模を現行の各月600億ユーロにとどめ、期限を延長したものの、従来の2016年9月から6か月の延長にとどめた。

ドラギ総裁は2011年の欧州債務危機以降、「ECB will do whatever it takes(ECBはなんでも行う)」と断固とした方針を示すと同時に、期待を上回る規模の刺激策を発表。金融市場を助けてきた。このため、今回の定例理事会においてもサプライズを期待する投資家も少なくなかった。このため、今回発表された追加緩和の規模への失望感はひときわ大きかった。

ドラギ総裁は会合後の記者会見で、本日の会合の決定が全会一致でなかったことも明らかにした。ブルームバーグの報道によると、独連銀のバイトマン総裁、エストニア中央銀行のハンソン総裁、オランダ中銀のクノット総裁、ラトビア中銀のリムシェービッチ総裁、ラウテンシュレーガーECB理事、全25メンバーのうち5分の1にあたる5人のメンバーが追加緩和に反対したと報じた。5人のメンバーの反対の中、ドラギ総裁は「最善を尽くした結果」ともとれる。本日の決定を受けて、ユーロは上昇。欧州の株式、債券相場は大幅に下落した。今後、中長期的にユーロが再び上昇に転じた場合、域内輸出や回復に悪影響を与える。今回の市場の反応を受けて、反対した5人のメンバーが次回会合で、見解を変えられるかどうかに注目される。

<NO>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。