マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】【市場をにぎわす5大テーマ】(3)Fintech~急速に存在感を増す仮想通貨の根幹

2017年12月31日 8:27

ビットコインはフィンテックのサービスの一部分であり、ビットコイン取引の安全性を担保する技術がブロックチェーンだ。そして、フィンテックの川下に位置し、一般消費者にも一番近い存在あるのが決済システムということになる。いまさらながら、簡単に復習しておくと、フィンテックは金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)の造語で、金融とITを融合させた金融システムを示す。フィンテックは「ビットコイン」(仮想通貨)、「ブロックチェーン」、「電子決済」を生み出し、金融機関向けの大手IT企業が中心だった関連企業は、ベンチャー企業や異業種の参入が増加してきている。メガバンクや地銀など金融機関に加えて、こうしたベンチャー企業も参画するフィンテック協会も設立されている。

そして、日本の金融庁は9月29日、仮想通貨事業者11社の登録を発表した。第一弾の登録は関東財務局9社、近畿財務局2社で、マネーパートナーズ、QUOINE 、bitFlyer 、ビットバンク、SBIバーチャル・カレンシーズ、GMOコイン、ビットトレード、BTCボックス、ビットポイントジャパン、フィスコ仮想通貨取引所、テックビューロ。第一号の登録となった仮想通貨事業者名からストレートにマネーパートナーズ、SBI、GMO、フィスコは上場企業グループとわかるが、他の事業者も資本的に上場企業が絡んでいる企業が多いことが特徴だ。登録にあたって当局の審査では、システムの重要性、サイバー攻撃対策を含めたセキュリティが厳しかった模様で、当面はこの11社が仮想通貨市場の先行者メリットを競うことになりそうだ。

株式市場でも、フィンテック、ビットコイン、ブロックチェーンは株価を刺激する有力キーワードとなり、物色テーマとしても盛り上がりを見せている。フィンテック業界で中心的な役割を果たすインフォテリア、仮想通貨取引所をグループで運営しLCC(ローコストキャリア)のPeachAviation との提携で具体的なビットコインの利用方法を明らかにしたリミックスポイントなどが大相場を演じてきている。また、フィンテック関連企業としてマネーフォワードが9月にマザーズに新規上場(IPO)を果たしたように、今後はフィンテック、ビットコイン関連企業のIPOも活発化することが予想される。

株式上場による知名度と企業信用力の向上、資金調達はフィンテック関連企業にとっては事業戦略上、意義が大きい。また、M&Aの選択肢も広がってくる。人気の浮沈が激しい物色テーマだがフィンテック関連テーマは、発展形の物色テーマとして人気が持続しそうだ。

日本でも、2018年5月の「改正割賦販売法(改正割販法)」施行に向けて世界基準の決済環境整備が進んでいる。クレジットカード業界と加盟店に対する規制を強化する改正割販法は2016年12月に成立し、流通・サービス業にカード決済端末のIC対応化などを義務付ける法律。スキミングなど犯罪の温床となる磁気カードを排除しセキュリティ強化を図ることを目的としている。セキュリティ対策だけでなく加盟店調査の義務化、フィンテック企業の参入に伴う環境整備も並行して行われ、オンライン決済、BB(
to企業間取引)領域の拡大が一段と進むことが予想される。

※本コンテンツは、FISCO 株・企業報2017年冬号 今、この株を買おう~第4次産業革命後の世界~より一部抜粋したものです。

<TM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。