マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:米経済指標改善を意識してドル下げ渋りも

2018年1月4日 8:31

3日のドル・円相場は、東京市場では112円17銭から112円40銭まで反発。欧米市場でドルは一時112円19銭まで売られたが、112円61銭まで反発し、112円51銭で取引を終えた。

本日4日のドル・円は、主に112円台後半で推移か。良好な内容の米製造関連指標などを背景にドル買い・円売りが先行している。北朝鮮をめぐる地政学的リスクの高まりを意識したリスク回避目的の円買いは根強いものの、ドル・円は112円台後半でもみ合う展開が予想される。

海外市場では、堅調な内容の米経済指標を受けてドルの買い戻しが活発化。12月のISM製造業景況指数は59.7と前月(58.2)から上昇したほか、市場予想も上回った。また、2017年12月12~13日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表され、多くのメンバーが緩やかな追加利上げの継続が妥当であるとの見方を示していたことが明らかとなったことも、ドル相場の下支え要因となった。東京市場もこの流れを引き続き、ドル買い・円売り基調が継続している。

ただ、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射準備をしている可能性があると報じられており、リスク回避的な円買いが再び強まる可能性は残されている。本日から本格的に取引が開始される東京市場では、日経平均株価の動きをにらみ、ドル・円は主に112円台後半でもみ合う展開となりそうだ。

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。