マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】4日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と8日続伸、石油セクターの上げ目立つ

2018年1月4日 18:07

4日の香港市場は値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前日比175.53ポイント(0.57%)高の30736.48ポイントと8日続伸し、本土企業株で構成されるH株指数が114.56ポイント(0.95%)高の12203.55ポイントと5日続伸した。ハンセン指数は、約10年2カ月ぶりの高値を連日で切り上げている。売買代金は1318億3600万香港ドルと高水準が続いた(3日は1308億3200万香港ドル)。

内外環境の安定で買われる展開。米景気拡大の期待が強まるなか、昨夜の米株が最高値を更新したことを好感した。中国本土では、域内金利の低下がプラス材料。2017年末に高止まりしていた上海銀行間取引金利(SHIBOR)の3カ月物は、今年に入り低下傾向が鮮明化し、足元では昨年11月後半の低い水準で推移している。資金ひっ迫懸念が後退した。

ハンセン指数の構成銘柄では、石油大手3社の中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が5.1%高、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が4.1%高、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が3.8%高と上げが目立った。原油市況高が追い風。WTI原油先物はこの時間外取引で、約2年8カ月ぶりの高値圏で推移している。

H株金融セクターも高い。中国建設銀行(939/HK)と中国郵政貯蓄銀行(1658/HK)がそろって2.2%、中国農業銀行(1288/HK)が2.1%、中国人民財産保険(2328/HK)が2.1%、中国人民保険集団(1339/HK)が2.0%ずつ値を上げた。

他の個別株動向では、ICファウンドリー中国大手の華虹半導体(ファホンセミコンダクター:1347/HK)が11.1%高の17.60香港ドルに急伸し、上場来高値を更新している。同社は3日引け後、政府創設の産業ファンド「国家集成電路産業投資基金」の出資を受け入れると発表した。2億4239万株の新株を割り当て正味4億米ドル(約450億円)を調達する。併せて、同ファンドと合弁会社を設立する計画で、調達資金は新会社に注入する運びという。

本土市場は5日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.49%高の3385.71ポイントで取引を終えた。石油関連株が相場をけん引。消費関連株も上げが目立っている。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)は3.0%高の737.07人民元に上昇し、上場来高値を更新した。不動産株や自動車株、インフラ関連株の一角なども物色されている。鉄鋼やセメントなど「供給サイド」関連の銘柄群も買われた。

【亜州IR】

<CS>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。