マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ビットコインへの資金還流も意識されやすい【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月5日 8:59

8時55分のビットコイン価格は、フィスコ仮想通貨取引所で1,837,660円、Coin Market Capでは15,554.60ドル。

足元でビットコイン価格は1,800,000円台を奪還。ただし、引き続き25日線レベル(1,830,000円付近)が上値抵抗として機能しており、同水準の突破を見極めたいところだ。ただし、5日線も上向いてきている他、急激な上昇を受けてリップル(XRP)やネム(XEM)を買うことをためらう個人投資家もいることから、ビットコインへの資金還流もこのタイミングで意識されやすいだろう。同水準を突破してくることで、上昇が加速する可能性もあろう。なお、韓国の取引所であるBithumbでは、ビットコインが20,000ドル台で取引されていることも支援材料となりそうだ。

また、銀行間送金に活用されるとの期待から個人投資家の資金が流入しているとの指摘があるリップル(XRP)、一方で「カタパルト」と呼ばれる大幅な機能拡張アップデートへの期待感から買われていると見られるネム(XEM)も引き続き上昇が目立つ。リップル(XRP)の期待感が波及する形だと思われるが、銀行系のPolybius(PLBT)も前日比43%高で推移している。ビットコインへの資金還流と同時にこういった物色波及の動きも意識しておきたいところ。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドルはCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

<WA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。