マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】エネクス Research Memo(5):事業環境が改善するなか、粛々と事業構造改革を断行し大幅増益

2018年1月5日 15:05

■伊藤忠エネクス<8133>の業績の動向

4. 生活エネルギー・流通部門
生活エネルギー・流通部門は売上収益242,257百万円(前年同期比10.1%増)、営業活動に係る利益3,719百万円(同95.6%増)、当社株主に帰属する四半期純利益2,054百万円(同129.2%増)と増収・大幅増益で着地した。ガソリン市況の改善などの外部要因の改善と不採算CSの整理などの自助努力があいまって大幅増益を達成した。

外部要因の改善では、原油価格の上昇が第1に挙げられるが、加えて国内では4月1日にJXTGホールディングスが誕生し、元売りの再編があった。これにより、ガソリンを始めとする燃料油の需給ギャップが解消し、ガソリンの末端小売価格における極端な安値は姿を消して市況が全般に安定的に推移した。一方需要面では、省エネ車・電気自動車の普及による長期的な燃料油需要減少トレンドは変わっていないものの、国内景気の回復やトラック運送需要の増大を背景としてトラック用軽油の販売量が増加したほか、ガソリンも横ばい圏で踏みとどまっている状況だ。

同社自身の施策として、CS事業においては、従来に引き続き、不採算CSの閉鎖を進めた。今第2四半期中においては18ヶ所純減し、9月末のCS数は1,870ヶ所となった。不採算CS減少によって販売管理費等の経費節減を実現し、売上げの回復ともあいまって、今第2四半期のセグメント利益の大幅増益に貢献した。

同社は新中期経営計画で掲げる施策の一環で組織の再編を行い、今期から生活エネルギー・流通部門が発足した。従来のカーライフ部門に、旧エネルギーイノベーション部門から産業用燃料(重油など)、フリート(トラック用軽油など)、及びアドブルー(トラック向けNoXを無害化する高品位尿素水)の事業が移管した。この分野でも、構造改革を進めて経費削減等を進めた。

前述のガソリンの需給バランスの改善は、産業用燃料やフリート(トラック用軽油)などの領域にも同様の改善効果をもたらしたとみられる。プライシングメカニズムや需要ドライバー等の収益変動要因が基本的に同じであるためだ。

ディーラービジネスを手掛ける日産大阪販売については、前年同期が三菱自動車<7211>の燃費不正問題の影響で低迷したことの反動で、今第2四半期は増収増益となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<MH>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。