マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】個人投資家・株式注意女子:2018年ドル円の方向性は【FISCOソーシャルレポーター】

2018年1月5日 14:28

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株式注意女子氏(ブログ「株式注意情報.jp」、ツイッター:@kabushikichuiを運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2018年1月3日21時に執筆

2017年トランプ政権発足以降、ドル円の方向性については「ドル高円安」と見るマーケット関係者や投資家が多かったと思います。結果、2016年に比べドル高円安に動いたことには間違いありませんが、期待ほどでは無かったと感じている人も多いのではないでしょうか。

「ドル高円安」と見ていた人の理由の一つには「レパトリ減税」があったと思います。企業が海外で得た利益を本国に戻す際に課される税金がレパトリ減税なのですが、トランプ大統領の政策の一つとされていたからです。

米国アップルなどの大企業は自国だけでなく海外で得る利益も多い為、そういった企業が米国に資金を還流するとなれば、大量のドルが買われることが予想され、レパトリ減税が実施されるとなれば10円~20円ドル高が進むと見ているアナリストもいたほどです。

2018年度から実施される米国の減税法案には、トランプ大統領の公約通りレパトリ減税が含まれていました。ですが、当初10.0%と想定されていのに対し15.5%に決定。米国のハイテク企業の実効税率とは差ほど変わらない料率です。当初想定されていた10.0%であれば、レパトリ減税によるドル高円安効果も期待できたでしょうが、米国外で企業買収をするような際には無税で使えることもあり、米国ハイテク企業にとっては悩ましいところだと思います。

そんななか、中国が年末に「海外企業が中国経済への再投資で得た利益にかかる法人所得税を一時的に免除する」と発表。中国からの資金流出を狙ってのことでしょう。

このような状況下では、米ハイテク企業にとってレパトリ減税を利用するメリットも少ないことから、当初考えられていたような一方的なドル買いには繋がらない可能性が高いのではないでしょうか。

こういった思惑が現在のドル円の動きに現れていると見ています。

ですが大きな流れで見れば、米国は減税・日本は増税の動きであり極端には動かずとも方向感と言う意味ではドル高・円安なのだと思います。

----
執筆者名:株式注意女子
ブログ名:株式注意情報.jp

<SK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。