マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【マザーズ市況】マザーズ指数は3日続伸、後場強含む、バーチャレクやブライトパスがストップ高

2018年1月5日 16:58

 本日のマザーズ市場では、前日の上昇に対する利益確定売りが先行し、前場のマザーズ指数はマイナス圏で推移する場面が多かった。しかし、後場に入り日経平均が強含みとなると、材料性のある中小型株にも買いが入り、マザーズ指数はプラスに切り返した。なお、マザーズ指数は3日続伸、1250ptに乗せて連日で昨年来高値を更新した。売買代金は概算で1237.42億円。騰落数は、値上がり128銘柄、値下がり108銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、ブランジスタ<6176>がマザーズ売買代金トップ。前日に続き3Dクレーンゲーム「神の手」の100万ダウンロード突破を好感した買いが入る場面もあったが、終値では小幅高だった。その他売買代金上位では、一家ダイニング<9266>、グローバルリンク<3486>、GNI<2160>、DMP<3652>、インフォテリ<3853>などが上昇。ブロックチェーン関連とされるバーチャレク<6193>やバイオ株のブライトパス<4594>はストップ高水準まで買われ、シンメンテ<6086>やピーバン<3559>も10%超の大幅高となった。一方、みらいワークス<6563>がマザーズ下落率トップ。「働き方改革」関連の直近IPO銘柄として人気化していたが、関連法案の施行延期観測が報じられたことなどから利益確定売りが広がったようだ。クラウドW<3900>やSHIFT<3697>も下げが目立った。その他、PKSHA<3993>、SOSEI<4565>、ミクシィ<2121>、サインポスト<3996>、じげん<3679>などが下落した。

<HK>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。