マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(4):◆中国の安寧◆

2018年1月7日 9:50

〇世界的株高、中国情勢がカギか〇

大発会の日経平均は741円高。昔のような半日営業でないので、比較はできないが、年末にもたついた分を一気に取り戻した印象だ。構成銘柄の寄与度を見ると、ファナックの64.38円を筆頭に、ファーストリテイリング、東京エレクトロン、ソフトバンク、京セラ、ダイキン、信越化学の7銘柄が20円以上となった。合計の上昇分は287.93円、日経平均上昇幅の38.8%を占め、インデックス・先物主導色の強い展開。なお、マイナス寄与はセイコーエプソン、DOWA、楽天の3銘柄で、全面高の様相も濃かった。

世界株高持続に、中国情勢がカギを握るとの見方が出ている。恒例の米調査会社ユーラシア・グループの18年「10大リスク」の筆頭は「中国は真空状態を愛す(米不在の間隙=真空状態をついて中国の影響拡大)」。存在感の低下する米国の間隙を突くように、中国の影響力が国際的に増すとの見方だ。代表のイアン・ブレマー氏は「米中、いずれ対決姿勢を強める」との見方。AIなど情報技術分野で競争が激化すると見ている。日本に対しても、「最終的に中国とより安定した関係を持つことが重要になって来る」と指摘。

4日の中国・上海株は5連騰、香港株は10年ぶり高値更新。大幅ではないが世界株高潮流に乗った動き。ロイターは3月全人代で公表される18年の経済成長率目標を「6.5%前後」と17年と同水準に設定する見通しと伝えた(17年実績は6.8%前後と見られる)。習近平国家主席は「質の高い成長」を目指すと表明しており、統制経済色を強めつつ、インフラ整備、新規(技術革新)セクター投資、社会福祉拡充に注力すると見られている。

懸念の一つは巨大債務。中国国家外貨管理局が年末に公表した対外債務残高(9月末時点)は約11兆1498億元(約193兆円)、16年末の国内総負債は244兆元(約4221兆円)だったので、総合計は約255兆元(約4412兆円)。対外債務の9%が広義政府部門、金融機関が50%を占める。対GDP比は16年ベースで342.7%(統計は不正確でもっと過大との見方もある)。経済減速次第で、重荷感が一気に増す恐れがある。

中国共産党の「長い腕」の実態暴露、警戒感が強まっている。「長い腕」は共産党組織の各国政府中枢への浸透工作を指し、米議会公聴会で使われたことが由来。華僑組織を使った独特の仕組み、コミンテルン以来の共産党組織の工作活動が織り交ざっている。サンフランシスコ市の慰安婦像問題でも、背後に中国系団体がいることが分かっている。

オーストラリアで中国と関係の深い議員の辞任が相次ぎ、政治献金を断ち切る法整備が行われ、台湾では中国人留学生を使ったスパイ工作活動が摘発された。米民間団体の報告では、過去10年間に数百億ドルの工作資金が使われ、発展途上国を中心に賄賂政治が横行していると指摘した。北京の指導下にある「平和統一促進会」や「孔子学院」などが使われているようだ。

軋轢の中心が台湾・香港になる可能性がある。米国が静かに台湾重視政策を行っており、中国が対抗する形で工作活動を強化している可能性がある。北朝鮮問題も当然、絡む。3日付産経新聞は「電子商取引で中国包囲網、デジタル保護主義を懸念、日米欧が有志国協定で2月にも初会合」と報じており、様々な包囲網構築も焦点となろう。中国経済の安定拡大を望みつつ、摩擦拡大にも注意をすることになろう。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/1/5号)

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。