マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】「ホワイトリスト」の直近騰落状況【アルトコイン評価ニュース】

2018年1月9日 12:41

------------

1.リップル(XRP):876%
時価総額:130,302,000,000ドル

2.カイカコイン(CICC):192%
時価総額:140,336,283ドル

3.NEM(XEM):158%
時価総額:16,454,000,000ドル

4.ビットクリスタル(BCY):153%
時価総額:25,352,900ドル

5.イーサリアム(ETH):152%
時価総額:112,164,000,000ドル

6.CMS:ETH:151%
時価総額:-ドル

7.カウンターパーティー(XCP):147%
時価総額:157,545,000ドル

8.キャッシュ(QASH):131%
時価総額:733,364,000ドル

9.CMS:XEM:130%
時価総額:-ドル

10.ライトコイン(LTC):105%
時価総額:15,726,800,000ドル

11.ザイフ(ZAIF):67%
時価総額:131,264,602ドル

12.フィスココイン(FSCC):66%
時価総額:30,530,973ドル

13.ビットコインキャッシュ(BCH):65%
時価総額:47,091,600,000ドル

14.ネクスコイン(NCXC):29%
時価総額:35,398,230ドル

15.イーサリアムクラシック(ETC):14%
時価総額:4,069,110,000ドル

16.ペペキャッシュ(PEPECASH):2%
時価総額:83,573,300ドル

17.ビットコイン(BTC):-8%
時価総額:276,612,000,000ドル

18.モナコイン(MONA):-40%
時価総額:479,700,000ドル

------------

2017年9月29日に金融庁が正式に仮想通貨交換業者11社を認定した。そこで取り扱われている仮想通貨の一覧は「ホワイトリスト」と呼ばれている。上記データは、12月8日から1月8日の1ヶ月間におけるホワイトリスト入りしている各通貨の騰落率を計算し、降順に並べたものだ(終値ベース)。

騰落率を基準として、相対的に割安と見られる、モナコイン、ビットコイン、ペペキャッシュ、イーサリアムクラシック、ネクスコインなどの動向には注意しておきたいところ。
一方、騰落率上位にランクインしているカイカコインは8日に一時41.3円をつけたものの、足元では56円台半ばで推移しており、引き続き投資家の関心は高いもよう。

※Coin Market Cap、フィスコ仮想通貨取引所、Zaifからデータを取得して算出。なお、数値については上記の通り、データ元が異なりますので、あらかじめご了承ください。

<WA>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。