マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【マザーズ市況】マザーズ指数は大幅に4日続伸、主力株中心に資金流入、直近IPO銘柄には利益確定売り

2018年1月9日 16:55

 本日のマザーズ市場では、日本の連休中の米株高や日経平均の続伸スタートなど、良好な市場環境を背景に買いが先行した。日経平均は年初からの急ピッチの上昇に対する警戒感から伸び悩んだが、これを受けて出遅れ感のあったマザーズ主力株の一角など中小型株に資金が向かい、マザーズ指数は上げ幅を広げる展開が続いた。なお、マザーズ指数は大幅に4日続伸、2006年9月以来の高値水準を付けている。売買代金は概算で1454.17億円。騰落数は、値上がり167銘柄、値下がり75銘柄、変わらず3銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのPKSHA<3993>や時価総額上位のSOSEI<4565>などが大幅反発。3Dクレーンゲーム「神の手」の好調が続くブランジスタ<6176>やブロックチェーン関連として人気化しているバーチャレク<6193>、新高値更新のシルバーライフ<9262>はストップ高水準で本日の取引を終えた。その他、ブライトパス<4594>、GNI<
2160>、DMP<3652>、UNITED<2497>、アンジェス<4563>などが上昇した。一方、サイバーダイン<7779>、サインポスト<3996>、一家ダイニング<9266>などが下落。また、グローバルリンク<3486>やみらいワークス<6563>といった直近IPO銘柄がマザーズ下落率上位に並んだ。

<HK>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。