マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】注目銘柄ダイジェスト(前場):アイスタイル、エスクローAJ、東海カーボなど

2018年1月10日 11:54

アイスタイル<3660>:1050円(+150円)
ストップ高。ドイツ証券では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を1550円としている。ネットの普及でOne-to-Oneマーケティングの重要性が高まる中、口コミの強さを背景として高い成長を見込んでいるようだ。口コミを軸とした「On platform事業」は、化粧品メーカーの販促効果を高めるほか、消費者の利便性も向上させるビジネスモデルで、今後も重要な収益源になると考えている。20.6期までの営業利益成長率は54%の高成長を予想。

エスクローAJ<6093>:522円(-60円)
大幅反落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は6.1億円で前年同期比7%増益となったが、9-11月期は同54%の大幅減益となっており、足元での収益鈍化を嫌気する動きが優勢になっている。9-11月期は不動産オークション事業の収益が上半期と比較して低水準であった。通期予想は9.3億円で前期比35%増益の見通しを据え置いているが、未達懸念も台頭する形に。

アドバンテス<6857>:2277円(+66円)
大幅続伸。メリルリンチ日本証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も2500円から2600円に引き上げている。中国スマホ需要の回復によるロジックテスタの売上拡大と粗利率改善、メモリーテスタの需要増による収益底上げなどにより、今期営業利益は会社計画を上回り、来期は大幅に増益率が高まると予想している。また、富士通による保有株売却で悪化した需給環境の改善も今後は見込まれると判断。

東海カーボ<5301>:1533円(-70円)
反落。18.12期営業利益は前期推定比3倍の330億円前後になりそうだとの観測報道が伝わっている。中国の環境規制強化を受けた黒鉛電極の販売価格上昇、米社の買収効果などが背景となるもよう。ただ、昨年1年間の株価上昇率は3.7倍、日経平均採用銘柄では最大の上昇率を記録しており、高い業績変化率への期待は反映済みといった見方にも。18.12期300億円超の予想もいくつか散見されている。

<ST>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。