マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日本トリム Research Memo(7):水素水に関する一連の報道の影響が長引き、予想を大幅未達

2018年1月10日 15:07

■業績動向

1. 2018年3月期第2四半期の業績概要
日本トリム<6788>の2018年3月期第2四半期の連結業績は、売上高が前年同期比14.5%減の6,944百万円、営業利益が同43.3%減の1,001百万円、経常利益が同37.7%減の1,070百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同43.8%減の664百万円と減収減益となった。期初予想比では、売上高が11.0%減、営業利益が26.9%減、経常利益が25.7%減、親会社株主に帰属する四半期純利益が同28.5%減といずれも未達に終わった。

(1) ウォーターヘルケア事業
総売上高の93.6%を占めるウォーターヘルスケア事業は、売上高が前年同期比15.6%減の6,498百万円、営業利益が同42.2%減の1,007百万円となった。フロービジネスである整水器の販売金額が、前年同期比26.5%減と大きく落ち込んだ。販売チャネル別で見ても、職域販売、取付・紹介販売、店頭催事販売、卸・OEM、アフターのすべてで大幅な減少となった。機器販売の半分強を占める職域販売は、販売効率の低下が著しい。月次トレンドは、4月に底打ちし、5月に回復の兆しが見えたことから、6月にキャンペーンを展開したものの、7月は再び落ち込み、8月及び9月の回復が会社想定よりも小さかった。一方、既存ユーザーによるカートリッジの更新需要は堅調で、ストックビジネスの販売は前年同期比10.1%増加し、海外売上高を含めたウォーターヘルスケア事業売上高の33.6%を占めた。既存ユーザーの製品ロイヤリティは高く、ストックビジネスが同社の安定収益源となって業績を支えている。中国及びインドネシアの海外子会社の売上高は、前年同期比10.1%増となり、ウォーターヘルスケア事業の6.0%を占めた。

(2) 医療関連事業
医療関連事業は、売上高が前年同期比6.1%増の445百万円となった。遺伝子関連事業は、前期に事業譲受をしており、前期第2四半期に19百万円あった売上高がなくなった。電解水透析及びMGO測定も売上金額を計上するほどの規模にはならなかった。医療関連事業の営業利益は、前年同期の21百万円から5百万円の損失に転落した。

2. 財務状況と経営指標
2018年3月期第2四半期末の総資産は、前期末比733百万円増の24,752百万円であった。流動資産の現金及び預金が1,177百万円増加したが、受取手形及び売掛金は減収のため609百万円減少した。負債の部は、流動負債に1年以内償還予定の社債300百万円と1年内返済予定の長期借入金1,441百万円があり、固定負債の長期借入金は13百万円であった。有利子負債の合計額は1,755百万円と現金及び預金の12,657百万円と比べて少ない。流動比率は375.2%、自己資本比率も72.0%と財務の安全性は高い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

<MH>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。