マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】規制が阻むビットコインETFへの道のり【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月10日 17:34

昨年ビットコインが1500%急騰したことが投資家の需要を刺激し、アメリカでは多くの企業がビットコインの上場投資信託(ETF)の設定に向けてしのぎを削っている。一方で、規制当局による認可はまだ下りていない状況だ。

今週に入って5つのファンドマネジャーが、米証券取引委員会(SEC)が懸念を示したことを理由にビットコイン先物に関するETF設定の計画を見送った。また、SECは少なくとも14のビットコインETFまたは関連商品の申請の承認を保留としている。

また、米商品先物取引委員会(CFTC)は先月、CMEグループとCBOE Global Marketsに対し、ビットコインの先物上場を許可した。しかし最近になって、デジタル通貨の上場プロセスを見直している。

このように、アメリカにおけるデジタル通貨関連の監視は強化されている状態だが、市場は先物の採用から遠ざかってはいないようだ。投資家の需要を背景に、資産運用に携わる企業のいくつかがはSECの懸念に対応できるようファンドの再設計を急いでいる。中には、伝統的な資産を介してビットコインへのエクスポージャーを目指すという間接的なアプローチを試みているファンドもある。

シカゴにあるBarnes & Thornburg 社のパートナーであるTrace Schmeltz氏は「SECが商品を許可しなければ、米国の資本市場は欧州やアジアに置いていかれる。そこを常に留意する必要がある。」との見解を示すように、米国内にも慎重になりすぎることに対する懸念の声はあるようだが、今後の規制動向によっては仮想通貨市場にも大きな影響を与える可能性がある。引き続きアメリカの仮想通貨関連商品に関する規制動向には注目だ。

<DM>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。