マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】どうなる!?2018年の日本株~投資の学校(高井ひろえ)

2018年1月11日 12:36

こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「投資の学校の気になるレポート」です。投資の学校プレミアムの講師である戸松信博先生のコラム『どうなる!?2018年の日本株』について興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

日経平均は4日の大発会から大幅反発となるロケットスタートをみせ、その後も9日まで3営業日続伸となり、1000円超の上げ幅となりました。足元は高値もみ合いが続きますが、年初ということもあり、今年の見通しが気になるところですね。

同コラムでは、戸松先生が年始の日本株のロケットスタートを踏まえ、2018年の日本株の見通しについて考察しています。まず、既に2日から取引が開始され、ご祝儀相場のような形で好調なスタートとなった香港や米国などの海外動向について、『世界経済全体を見渡せば、高性能半導体(3D-NANDとエヌビディア開発のGPU)の誕生によってビッグデータやAIによる解析、IoTが出てきたことによって世界的には第4次産業革命が主導して世界経済は成長していくと思います。半導体の数はまだまだ足らない状況で積極的な投資が今後2年は続く』と戸松先生は分析しています。

そのなかで、先生は今後の日本株の戦略の一つとして、『2019年末か2020年前半までは買いで資産を伸ばし、チャートで200日移動平均線を50日移動平均線が下に突き抜けるようなデッドクロスが発生したら、今度は売りやインバース型のETF(指数が下がると株価が上がるETF)での取引』を紹介しています。

そのほかにも同コラムでは大局観の重要性について述べ、「株価意識の高い安倍首相と森金融庁長官」や「高齢化問題」、「物価や高級品の売れ行きも回復の兆し」などのマクロの点にも触れています。これらを踏まえ、2018年の日本株はもちろんのこと米国を中心としたグローバル市場についても引き続き注視していきましょう。

なお、上記の記事の詳細コメントは、株式会社ファイナンシャルインテリジェンスが運営している「投資の学校プレミアム」の1月9日付のコラムである『どうなる!?2018年の日本株』にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

高井ひろえの「気になるレポート」は各種レポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

<HT>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。