マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】天昇電 Research Memo(5):控え目な予想で減益を見込むが、上方修正の可能性はある

2018年1月11日 15:15

■今後の見通し

● 2018年3月期の業績見通し
上半期の業績が予想を上回ったことから天昇電気工業<6776>は、2018年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。現時点では売上高は前期比4.1%増の16,000百万円、営業利益は同23.4%減の980百万円、経常利益は同25.3%減の950百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同32.6%減の650百万円と予想されている。

通期の予想は上方修正されたとはいえ、上半期が好調であった割には小幅の修正にとどまっている。これについて同社は、前期好調であった高付加価値製品の動向が不確定であること、売上高比率の高い自動車業界の先行きが不透明であること、人材・設備等に積極的に投資を行う予定であることなどから、「絶対に達成できる予想を出している」と述べている。言い換えれば、現在の予想はこれらの不透明要因が最悪となった場合を想定してのもので、かなり控え目と言えるだろう。投資については同社自身がコントロール可能であり、今後の需要先業界の動向次第では上方修正の可能性もありそうだ。なおセグメント別や向け先業界別の予想売上高は開示していない。

今期の設備投資額は、期初には前期並み(約1,000百万円)を見込んでいたが、需要が好調であることから金型投資を中心に増額され、既に上半期で約1,000百万円(金型と設備が半々)の投資を完了。通期では1,800百万円ほどが見込まれている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<HN>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。