マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】北朝鮮、水面下で仮想通貨を入手か【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月11日 17:12

米国に拠点を置くサイバーセキュリティ会社エイリアンボルトは、仮想通貨「モネロ」の採掘コードをインストールし、採掘された通貨を北朝鮮、平壌にある金日成総合大学のサーバーに送るソフトウェアを発見したことを発表した。国際社会からの厳しい経済制裁下にあり、資金調達手段を模索する北朝鮮の最新の動きと見られる。

同社によると、このソフトウェアは12月24日に生み出されたもの。北朝鮮がモネロの採掘に使用したサーバーは、インターネットに接続されておらず、北朝鮮の関与がオブザーバーに気付かれない仕組みに設計されたことが推測される。本件について、金日大学及び北朝鮮の国連の代表者からはまだコメントを得られていない。

この他にも北朝鮮が仮想通貨とブロックチェーンに関心を持っていることを示唆する情報は増えている。韓国のサイバーセキュリティ会社ESTセキュリティーのチーフアナリスト、Mun Chong-hyun氏は「経済制裁下にある北朝鮮の現状を踏まえると、仮想通貨は最善の外貨取得手段である。匿名性が高く、複数回にわたる資金洗浄が可能である」と述べた。

仮想通貨の価格情報サイト、コインマーケットキャップによると、モネロの時価総額は約70億ドルで世界第13位。モネロの取引には、支払いの度に発行されるランダムな数字で構成されたリンク不可能なワンタイムアドレスが使用される。ビットコインよりも追跡されづらい特徴を持つことから、匿名性が求められる取引に使用される可能性が高いとサイバーセキュリティの専門家は警告する。

<MS>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。