マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】明光ネットワークジャパン—1Qは売上高が44.11億円、事業と収益力の強化を図る

2018年1月12日 8:00

明光ネットワークジャパン<4668>は10日、2018年8月期第1四半期(2017年9-11月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比1.4%減の44.11億円、営業利益が同26.2%減の4.01億円、経常利益が同28.6%減の4.27億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同29.6%減の2.29億円となった。

セグメントの業績では、直営事業は、生徒の主体的な学習を実現する「振り返り授業」や、学習プロセスを蓄積・可視化し生徒自身で成長を実感することができるeポートフォリオシステム「明光eポ」を導入した。また、従来より提供していた理科・社会のオンライン学習サービスや高校生を対象とした映像授業サービスに加え、小中学生向けの英語コンテンツを導入した。

フランチャイズ事業は、直営教室にて先行導入した「振り返り授業」や「明光eポ」及び小中学生向け英語コンテンツを、順次導入するための直営教室見学や研修等を実施した。

連結子会社である株式会社東京医進学院による予備校事業は、入試相談会の実施や合格率向上を図るためのAO入試対策講座や面談トレーニング等を実施した。

明光サッカー事業は、運営体制の見直しや指導力向上のためのミーティングを強化すると共に、スクール生や保護者との面談を実施する等、顧客満足度の向上に努めた。
早稲田アカデミー個別進学館事業は、株式会社早稲田アカデミーとの教務運営会議や合同講師研修の実施等により連携を強化し、受験指導サービスの質的向上に努めた。
キッズ事業は、WEBサイトのリニューアルや来年度の新規入会生説明会の実施、スクールと保護者で利用する会員向け新システムの本格稼動等により、顧客満足度向上を図った。
連結子会社である株式会社早稲田EDU(早稲田EDU日本語学校)及び国際人材開発株式会社(JCLI日本語学校)による日本語学校事業は、中国、ベトナム、スリランカ等、20カ国以上の国々から留学生を受け入れている。
連結子会社である株式会社古藤事務所は、主軸の入試問題ソリューション業務において、堅実かつ上質なサービス提供を継続し、業績は堅調に推移した。

2018年8月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比5.3%増の204.15億円、営業利益が同23.1%減の20.11億円、経常利益は同25.2%減の21.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同41.7%減の11.91億円とする期初計画を据え置いている。

<SF>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。