マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】米国と中国がインフラ投資に注力、SMBC日興証券(花田浩菜)

2018年1月12日 12:24

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/12付の「DailyOutlook」では、インフラ関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『トランプ大統領が今月中にインフラ投資の詳細を公表する方針と伝わっている。税制改革法案を昨年12月に成立させたものの支持率は低迷。11月の中間選挙を控え、どのような施策を打ち出すのか注目される。そうした中、米国の主要インフラの築年数をみると上昇傾向にある。築年数の上昇は質の低下に繋がっており、ASCEによるインフラ評価は“D+(危険な状態)”となっている。グレードをB(現状は十分)に引き上げるには2016年から2025年までに4兆5900億ドルもの投資が必要とのこと。質の低下は時間的なロスやコスト増など経済的な損失を生み出すことからインフラの再構築が急務となっている』と伝えています。

続けて、中国のインフラ投資にも触れ、『中国ではシルクロード(一帯一路)構想が推進されており、日本政府も協力する方針である。一帯一路構想とは、中国と欧州を結ぶ地域でインフラ投資を積極化し巨大経済圏を形成する構想のこと。沿線地域は世界人口の6割強を含む巨大地域であることから、企業にとって魅力的な市場といえる』と分析しています。

さらに、『海外に事業を展開し、世界シェアの高い製品を手掛ける日本企業は多い。米国と中国によるインフラ投資の増加は、こうした企業に恩恵をもたらそう』とまとめています。

最後にレポートでは、『主なインフラ関連銘柄』を紹介しています。具体的には太平洋セメ<5233>やコマツ<6301>、クボタ<6326>など全7銘柄が挙げられていますので、詳しくは1/12付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<DM>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。