マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【相場概況】日経平均は3日続落、円高基調で上値重く

2018年1月12日 15:37

日経平均は3日続落。11日の米国市場で主要株価指数が揃って最高値を更新する一方、円相場は米経済指標を受けて1ドル=111円台前半まで上昇しており、本日の日経平均はこうした流れから小動きでのスタートとなった。決算が好感されたファーストリテ<9983>の株価上昇が指数を支えたものの、円高を嫌気した利益確定売りに押され上値の重い展開だった。後場に入ると12月景気ウオッチャー調査の内容をマイナス視した売りもあり、一時23588.07円(前日比122.36円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比56.61円安の23653.82円となった。東証1部の売買高は16億9619万株、売買代金は3兆2196億円だった。業種別では、電気・ガス業、倉庫・運輸関連業、情報・通信業が下落率上位だった。一方、鉄鋼、機械、その他製品などが小じっかり。

個別では、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、三井住友<8316>、ソニー<6758>などがさえない。ソフトバンクG<9984>やKDDI<9433>、NTT<9432>といった通信大手の下げが目立つ。前日に工場建設報道で買われたGSユアサ<6674>は急反落。決算発表銘柄では7&iHD<3382>などが売られ、乃村工芸<9716>は大きく下げた。また、業績下方修正のコスモス薬品<3349>が急落し、東証1部下落率トップとなった。一方、ファーストリテは終値で6%高となり、日経平均を100円超押し上げた。決算関連では島忠<8184>や松屋<8237>も急伸。ファナック<6954>、安川電
<6506>などは産業用ロボットの好況見通しや関連銘柄への資金流入期待で大きく買われた。その他では任天堂<7974>、みずほ<8411>、日本郵政<6178>などがしっかり。また、大有機化<4187>やアルテック<9972>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。

<HK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。