マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】仮想通貨がアフリカの通貨になる可能性【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月12日 18:05

サハラ以南のアフリカの多くの通貨は高いインフレと供給管理の失敗で価値を失ってきた。結果として、コンゴ民主共和国では預金と借入金の9割超が外貨となっており、ジンバブエに至っては2015年に自国通貨を廃止し、米ドルを採用している。ビットコインは自国通貨が安定しているアメリカの問題に対する解決策だと思われがちだが、こうした自国通貨が安定しない国家では「通貨」として成功する可能性があると、米ゴールドマン・サックス・グループは述べている。

ゴールドマン・サックスのストラテジスト、ザック・パンドル氏とチャールズ・ヒンメルバーグ氏は10日、「自国通貨が十分に機能していない国・地域では、仮想通貨が通貨の選択肢になり得る」という内容のレポートを公開した。

またレポートでは、仮想通貨がこうした国・地域で通貨として広く使用されるようになる場合、これまでのような天文学的な収益を期待すべきではないと投資家に警告している。パンドル氏らは、この前提に基づくと仮想通貨の伸び率は世界生産の伸びと同程度となり、金や貴金属と同様の資産と考えるべきだとも述べた。

アフリカ諸国の中には、モバイルマネーによる支払いや送金がごく当たり前に普及している国も多く、スマートフォンやPCで利用する仮想通貨の利用に対して心理的障壁が低いというメリットもある。今後、アフリカや南米など自国通貨が機能していない国に仮想通貨がどのように普及していくかが注目される。

<DM>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。