マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今週の【JASDAQ市場】1月9日~12日『中小型株に資金シフト』

2018年1月14日 12:07

【連日の昨年来高値、テクノロジー銘柄中心に買い】9日(火)

■概況■4075.66、+48.08
9日(火)のJASDAQ市場ではJASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は続伸し連日の昨年来高値、J-Stock Indexも続伸し連日史上最高値を更新した。値上がり銘柄数は493(スタンダード462、グロース31)、値下がり銘柄数は184(スタンダード176、グロース8)、変わらずは43(スタンダード41、グロース2)。8日の米ナスダック総合指数の最高値やSOX指数の年初からの連騰を好感し、日経平均株価が91年11月以来となる2万4000円台をうかがう動きとなる中、中小型株中心の新興市場にも買いが波及。ハイテクや半導体などテクノロジー関連銘柄が中心に買われたほか、値動きの軽い銘柄にも資金が集まる展開となった。

◆注目銘柄◆
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)用高機能熱硬化性樹脂の欧州展開が蒸し返され、日本ユピカ<7891>が前営業日比500円(23.23%)高のストップ高まで買われたほか、カナダ企業に導出したCDC7キナーゼ阻害薬の特許出願に関し、日本における関連特許が成立したと発表したカルナバイオ<4572>も前営業日比300円(26.81%)高の1419円と制限値幅いっぱいまで値を上げた。また、センサー専業のSEMITEC<6626>も前営業日比1500円(19.43%)高の9220円とストップ高を演じた。

--------------------------------------

【昨年来高値、仮想通貨関連の出遅れとしてEストアーに関心】10日(水)

■概況■4103.05、+27.39
10日(水)のJASDAQ市場ではJASDAQ平均が続伸し連日の昨年来高値、JASDAQ-TOP20は5日ぶりに反落、J-Stock Indexも4日ぶりに反落した。値上がり銘柄数は410(スタンダード382、グロース28)、値下がり銘柄数は248(スタンダード238、グロース10)、変わらずは60(スタンダード57、グロース3)。9日の米国株高などを背景にしたリスクオンの流れが続き、値動きの軽い中小型株やテーマ性のある銘柄中心に買いが継続した。ただ、一本調子の上昇に対する警戒感などもあり、JASDAQ平均は緩やかな上昇に。

◆注目銘柄◆
仮想通貨関連の出遅れ銘柄としてEストアー<4304>が前日比150円(+17.40%)高のストップ高となったほか、前日急騰した日本ユピカ<7891>も引き続き人気化し、米Qセラ社との間で、中枢神経領域の疾患を対象としたiPS細胞由来の再生医療製品の共同研究および実用化を目指す合弁会社の設立に向けて基本合意したと発表したリプロセル<4978>は一時約5カ月半ぶりに400円台を回復した。また、直近IPOのポエック<9264>やレカム<3323>は値動きの軽さから短期資金を集めた。

--------------------------------------

【小幅続伸、中小型株に資金シフト強まる】11日(木)

■概況■4109.17、+6.12
11日(木)のJASDAQ市場ではJASDAQ平均は小幅続伸、JASDAQ-TOP20は小反発、J-Stock Indexは続落した。値上がり銘柄数は331(スタンダード311、グロース20)、値下がり銘柄数は332(スタンダード312、グロース20)、変わらずは52(スタンダード51、グロース1)。為替の円高傾向や10日の米国株安などを嫌気し日経平均株価が軟調に推移した中、中小型株に短期資金が流入、決算など材料性のある銘柄にも値幅取り目的の買いが入った。

◆注目銘柄◆
訪日中国人向けの旅行事業や不動産事業で、中国企業と業務提携契約を締結することを決めたルーデン<1400>が前日比80円(19.55%)高のストップ高となったほか、通期業績予想の増額修正への期待感が広がった地域新聞<2164>や朝の情報番組で取り上げられたベルグアース<1383>も制限値幅いっぱいまで買い進まれた。前日発表した第1四半期決算が良好だったANAP<3189>も前日比99円(9.89%)高と急反発した。

--------------------------------------

【連日の昨年来高値更新、好決算銘柄中心に物色】12日(金)

■概況■4142.65、+33.48
12日(金)のJASDAQ市場ではJASDAQ平均、JASDAQ-TOP20はともに続伸し、昨年来高値を更新。J-Stock Indexは3日ぶりに反発し、史上最高値を更新した。値上がり銘柄数は409(スタンダード386、グロース23)、値下がり銘柄数は251(スタンダード236、グロース15)、変わらずは55(スタンダード52、グロース3)。11日の米国市場は主要3指数がそろって最高値を更新したものの、円相場は1ドル=111円台前半と円高基調をたどっていることから、東証1部市場は売り買い交錯で、日経平均株価は方向感の定まらない展開となる中、前日に引き続き、好決算やテーマ性のある銘柄中心に資金シフトし、この流れが新興市場にも波及した。個人投資家など目先筋の物色意欲は引き続き旺盛だった。

◆注目銘柄◆
1対5の株式分割を発表したエスプール<2471>が朝方から気配値を切り上げ、前日比502円(16.94%)高の3465円ストップ高比例配分で取引を終了した。また、前日に第1四半期の大幅な営業増益を発表した白鳩<3192>も前日比100円(17.18%)高の682円ストップ高で引けたほか、中国企業との業務提携が引き続き材料視されたルーデン<1400>も前日比80円(16.36%)高の569円と連日制限値幅いっぱいまで買い進まれた。

--------------------------------------

<DM>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。