マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】15日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安で12日ぶり反落、IT・ハイテク株に売り

2018年1月15日 16:57

週明け15日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比18.45ポイント(0.54%)安の3410.49ポイントと12日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、19.26ポイント(0.54%)安の3572.01ポイントで取引を終えている。

資金流出の動きが懸念される。中国本土・香港株式市場間の相互取引を通じたこの日の取引では、香港からの本土株売買が売り越しに転じた。売り越しは今年に入り初めて。金融統計の下振れもネガティブ。昨年12月の国内金融機関の人民元建て新規融資は、前月実績の1兆1200億人民元を下回る5844億人民元にとどまった。市場予想の1兆人民元を大幅に下回っている。人民元高の進行などを手がかりに、指数はプラス圏に浮上する場面がみられたものの、中盤から売りの勢いが増した。新興企業株の下落が目立つ。ベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は3.0%安と続落し、約5カ月ぶりの安値水準に低迷した。
業種別では、ITハイテク関連の下げが目立つ。スーパーコンピュータ世界大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が7.4%安、システム開発の用友網絡科技(600588/SH)が3.5%安、電子・通信機器メーカーの航天信息(600271/SH)が3.1%安で引けた。非鉄や鉄鋼の素材株、自動車株、海運株、インフラ関連株なども安い。消費関連株の一角も売られた。

半面、銀行株と保険株は高い。中国平安保険(601318/SH)が4.4%、中国人寿保険(601628/SH)が3.5%、中国工商銀行(601398/SH)が2.9%ずつ上昇した。足元販売が好調な不動産株も物色されている。主力株に買いが入るなか、上海市場の代表銘柄で構成される「上海50A株指数」は1.0%高と続伸した。

一方、外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が4.06ポイント(1.18%)安の341.38ポイント、深センB株指数が11.38ポイント(0.95%)安の1190.92ポイントで終了した。

【亜州IR】

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。