マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】韓国、仮想通貨の匿名取引に罰金科す方針【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月15日 16:18

1月14日、韓国政府は仮想通貨の取引者に対して、匿名での取引を認める既存の口座から、今月中に実名確認が必要になる口座に移行しなければ、罰金を科すことを発表した。

韓国ではこれまで匿名での仮想通貨取引が可能であったが、昨年12月末、政府が実名取引システムを実装する方針を発表した。銀行は新規の仮想通貨の口座の発行が禁止され、新システムへの転換を命じられた。新システム下では、仮想通貨の取引者が実名確認を拒否し、旧システムの口座に入金した場合、ペナルティーを科されることとなった。尚、ペナルティーの中身は決まっていない。旧システムの口座については、出金のみが認められる。

韓国では11日、韓国法務部の朴相基(パク・サンギ)長官が仮想通貨取引所の廃止措置を取り入れた法案を準備しているという対策発表を行ったが、若い世代を中心とした投資家多数の反発にあい、7時間後には大統領府がまだ確定事案ではないと発表するという具合で仮想通貨の法規制問題が揺れている状態だ。ビットコインやリップルなどの韓国ウォンによる取引量は世界の中でも非常に多い割合を占めており、今後も同国の規制動向が注目される。

<MS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。