マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】仮想通貨取引所クラーケン、稼働停止から復旧【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月15日 17:55

世界第5位の取引規模を持つ仮想通貨取引所であるクラーケンが、1月10日より当初2時間を予定していたメンテナンスに伴う稼働停止が長引き2日間に及んだことに対して利用者から不安の声が上がった。2日間の稼働停止の後、サービスは再開された。

クラーケンは、世界有数の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが先月導入したビットコイン先物の価格形成に利用している取引所の一つである。

稼働停止期間は、韓国による規制強化が報じられて仮想通貨の価格が変動したこともあり、予定外に長時間となり、この間取引はおろか引き出しができなかったことは、利用者の不満を煽った。SNSには多くの批判の声が投稿された。

クラーケンは13日にアップしたブログ上で、稼働停止の間顧客資金は安全に保たれていたことを説明している。またお詫びのため、全顧客に対して月内は取引手数料を無償とすることを伝えた。また、今回のメンテナンスは取引用のエンジンを更新するためのものだったと明かしている。

過去の事件を踏まえて、投資家は仮想通貨の取引所のニュースに敏感になっている。最も有名なケースは、巨額のビットコインが消失した2014年のマウントゴックス事件である。過去数か月では、仮想通貨ブームに伴う取引量増加の影響で、コインベースなどの人気サイトでも、サイトのクラッシュやスローダウンが報告されており、市場に影響を与える場合もある。

<MS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。