マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ドイツ連銀のビュルメリング理事「国際的な協力が必要」【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月16日 11:34

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ビュルメリング理事が15日、仮想通貨の規制について「仮想通貨の規制において国ごとの規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」とコメントしたことが伝わっている。

経済協力開発機構(OECD)は、グローバル企業の税逃れなどにより、全世界で年1000億~2400億ドル(約11兆~26兆円)の税収が失われているとの試算を過去に発表している。こういった状況に対応するべく、昨年6月7日にグローバル企業による課税逃れなどを防止する協定に日英仏など約60カ国が署名した。この協定が国会で承認されれば、2国間の租税条約を改正しなくても、協定の参加国間で統一ルールを適用できることになり、脱税や過度な節税を防止する包囲網を素早く構築することができることになる。

ビットコインなどに代表される仮想通貨は、国家や中央銀行などが存在しない非中央集権的な性質がその特性のひとつだ。それにもかかわらず、中央からの規制がなければ、その投機性を薄めることが難しいという話は皮肉なようでもある。しかし、そうは言っても市場の健全性確保のためには、税制における上述の動きのように、仮想通貨の領域でも国際的な枠組みが必要となってくるのかもしれない。

<WA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。