マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ドイツ連邦銀行取締役、国際的な仮想通貨規制を求める【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月16日 13:39

1月16日、フランクフルトで開催されたイベントにてドイツ連邦銀行の取締役、Joachim Wuermeling氏が、仮想通貨に対する規制は国際的な枠組みにより取り組む必要がある、と自身の考えを明かした。

現在、各国政府、とりわけアジアでは仮想通貨に対する規制が強化されている。中国政府はICO(仮想通貨を利用した資金調達)及び仮想通貨取引を禁止し、ビットコインのマイニングに制限をかけた。しかし、こうした取り締まりにも関わらず、多様なチャネルにより中国では仮想通貨に関わる活動が続けられている。韓国も先週、仮想通貨取引の禁止に向けて法案準備を進めると韓国法務部が発表したが、ユーザーの反対などの声が集中し、わずか7時間後に大統領府がまだ決定事項ではないという声明を出した。今後の動向が注目される。

こうした状況に対し、Joachim Wuermeling氏は「単一国家による規制の影響力は限定的である。最も効果的な規制は、国を越えた協力によって実現する。」と主張する。

昨年12月には、EUと各国の議員が仮想通貨による資金洗浄と犯罪資金の調達の防止に向けて規制を強化することについて合意したことが明らかになった。今後、世界的な規制の制定に向けた動きが始まる可能性もあるため、引き続き注視していきたい。

<MS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。