マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【ランチタイムコメント】日経平均は反発、本格化する決算発表を前に売り買いが交錯

2018年1月19日 12:12

 日経平均は反発。73.47円高の23836.84円(出来高概算6億9000万株)で前場の取引を終えた。18日の米国市場では前日の大幅上昇に対する利益確定の流れが優勢だったが、シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高だったこともあり、日本株市場はこれにサヤ寄せする格好から、前日の下げに対する自律反発の流れとなった。ただし、来週から本格化する決算発表を前に売り買いが交錯しており、日経平均は23800円を挟んでの狭いレンジ取引が継続している。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1400を超えており、全体の7割を占めている。セクターではその他製品、空運、建設、パルプ紙、金属製品、不動産が上昇。半面、ゴム製品、電力ガス、精密機器が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>、京セラ<6971>、日東電<6988>、ヤマハ<7951>、ブリヂストン<5108>が重しになっている。売買代金上位では任天堂<7974>、メガバンク3行やトヨタ<7203>が堅調。

 日経平均は5日線処でのもち合いが続いている。来週から決算発表が本格化することもあり、機関投資家等は動きづらくなりそうだ。そのため、決算を手掛かりとした個別物色のほか、テーマ性のある銘柄での短期的な値幅取り狙いの商いが中心になりそうだ。23日の安川電<6506>、26日のファナック<6954>、信越化<4063>の動向がセンチメントを左右させそうだ。
(村瀬智一)

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。