マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国大連万達、英ロンドンの不動産を90億円で売却へ 資金調達のためか

2018年1月19日 15:35

 中国人富豪の王健林氏が率いる複合大手の大連万達集団(以下、大連万達)は今週、英ロンドンにある不動産プロジェクトの権益60%を国内不動産企業に売却した。同社にとって初めての海外資産売却となった。中国当局が昨年、民営大手企業の海外投資に融資規制を強化したため、同社が資金調達難に直面した。

 同社傘下企業、香港上場の万達酒店発展有限公司が16日、同事業売却について声明を発表した。声明によると、同社は英ロンドン市内にある「万達・ロンドンONE(OneNineElms)」の権益60%を、3560万ポンド(約54億4680万円)で売却すると決定した。また、「買収側は今後、万達・ロンドンONEの約1億5900万ポンド(約244億8600万円)の債務を負担すると承認した」とした。

 中国メディア「澎湃新聞」によると、中堅不動産会社企業の富力地産が同プロジェクトを買収した。富力地産は同買収案についてコメントを控えたという。

 また同声明では、ロンドン不動産プロジェクトの残りの40%権益を持つグループ会社、万達商業地産(香港)は同様に売却計画を進めているとした。

 「澎湃新聞」によると、「万達・ロンドンONE」全体の売却額が5900万ポンド(約90億8600万円)に達する。

 大連万達によると、万達・ロンドンONE事業は同社初の海外投資プロジェクトだ。2013年にロンドン市テムズ川に面した土地を購入し、高級マンション、5つ星の高級ホテル、オフィスや小売りショップなど商業施設が入るツインタワーを建てた。総投資規模10億ポンド(約1540億円)。

あわせて読む:万達トップも対象か 習近平政権、政商に反腐敗のメス

 昨年、富力地産は約190億元(約3230億円)規模で、大連万達傘下73軒のホテルを買収した。大連万達はこの資金を、借入金の返済に充てた。

 中国当局が昨年6月、大連万達などの大手企業に対して海外投資規制を強化し、金融機関に融資中止を指示した。それ以降、大連万達の海外事業売却に関する報道が多くなった。

 国内メディア「騰訊財経」は昨年11月20日、大連万達の幹部の話として、借入金や債務の返済と、海外事業の今後の発展のために資金が必要で、同社が海外資産売却を急進していると報道した。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。