マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々:◆日米格差か、米追随か◆

2018年1月21日 9:00

〇様々な憶測背景に高値波乱〇

全面高期待から一転、東証一部下落銘柄数1625(値上がり371、変わらず68)に達する全面安症状となった。先物にまとまった売りが出たとされる午後2時過ぎから下げ足を速めたが、時間帯からは中東を含む欧州の売りが憶測される。この時間帯からだと、ほぼ日銀は出て来ない。日経平均採用銘柄の寄与度を見ると、東京エレクトロンの+22.82円を筆頭に38銘柄がプラス圏に残り、下落筆頭はファナックの-15.96円。操作的な仕掛けと言うより、先物自体のまとまった売りのようだ。引け後に発表された1月第2週の投資主体別売買動向で海外投資家は9834億円の先物売りとなっており、先週(オプションSQ絡みの可能性もあるが)から売り姿勢にあったと考えられる。

明確な売り材料は確認されていない。可能性の一つは、米暫定予算の期限切れに伴う政府機関閉鎖突入リスク。市場は大勢としては2月下旬までの暫定予算で凌ぐと見ている様だが、トランプ大統領は「政府機関閉鎖の可能性は非常に高く、軍隊に悪影響が出る」と記者団に述べた。米財務省が19日に小規模な緊急時入札を実施する(詳細は19日。あくまでも「緊急時入札インフラの定期的な試験」としているが、6日物短期証券で行う)と伝わったことも憶測を呼んだ可能性がある。ドルが売られ易い地合いだが、昨日の東京時間では安定していた。

米アップルが海外保有キャッシュを還流させ、約380億ドルの税金を支払うと表明。米債が売られ易くなっていることが影響した可能性がある。米10年物国債利回りは2.626%、トランプ政権発足直後の2.63%台に迫った。アップルの米国債保有高は525億ドル、他の多国籍企業も追随する可能性がある。ただし、これはドル高要因。

マティス米国防長官が「北朝鮮との戦争計画ある」と述べ、安倍首相はターンブル豪首相との会談で、「南北対話を進める一方、核、ミサイル開発を継続しており、状況はむしろ悪化している」と述べた。北朝鮮情勢は依然不透明で、日本株の高値警戒になり易い。その絡みで、ロシアが非難姿勢を強めたり、対中国でトランプ大統領は知財権侵害に言及し、巨額罰金を科す姿勢を示した。仮に、北朝鮮問題が軽減すると、より影響度の大きい通商問題に焦点が移るリスクがある。来週は日本企業にも影響するNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉が23~29日の日程で行われる。外需依存の日本経済の神経質な材料だ。

トランプ減税の影響で、米金融大手は費用計上による減益決算発表が相次いでいるが、なかで目立ったのはトレーディング収入の急減。収益依存の高かったGS(ゴールドマンサックス)は、債券トレーディングが50%減、為替、信用、金利、商品、住宅ローンなどほぼ全分野でダメージが広がる。株式トレーディングも14%減。顧客のヘッジファンドの苦戦も伝えられ、一旦ポジション圧縮を行っている可能性がある。期限がある訳ではないので、ある程度利益を稼ぎながらの展開と見られるが、乱高下の要因になる可能性がある。

基調は大きく変わらないと見られるが、短期的変動リスクが続こう。12年前の2006年1月16日はライブドアショック発生の日だそうだ。当時も比較的高値圏での強弱観の綱引きが背景だったと思われる。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(18/1/19号)

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。