マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】目先は130万円から140万円のレンジが中心となりそう【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年1月22日 9:51

9時50分時点のビットコイン価格は、フィスコ仮想通貨取引所で1,322,570円、Coin Market Capでは11,731.40ドル。

21日は朝方に一時1,486,500円をつけた後、利益確定売りが強まっていた。一方、今朝方は再び小幅ながらリバウンドの動きを見せている。

一部メディアの報道によると「(独仏の動きは)国境を越え瞬時に行き来する仮想通貨は世界で一律の規制を敷くべきだとの発想で、日本も同じ考えだ」と金融庁幹部が語ったようだ。規制は中長期的な市場の健全化という面ではポジティブな側面も有している。一方、過度な規制が急速に加えられる流れになれば当然ネガティブな影響を与えるだろう。現時点では独仏とも規制に関する具体案を示しておらず、「イノベーションの促進と利用者保護のバランスに留意しながら」(菅官房長官)取り組みを進めてきている日本とは方法論などで意見が食い違う可能性もある。引き続き手がけにくい相場展開が続くが、規制に関する追加の情報やその他の材料が出なければ、目先は1,300,000円から1,400,000円といったレンジ内での取引が中心となりそうだ。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドルはCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

<WA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。