マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】日ペHD、かんぽ生命保険、森尾電など

2018年1月22日 16:06

<8604> 野村 739.5 +5.3買い優勢。ゴールドマン・サックス証券は投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も690円から840円に引き上げている。2017年は日本株市場の好調なパフォーマンスのなかでアンダーパフォームの展開となったが、18年も好調な株式市場を想定しており、遅れている個人投資家のセンチメント回復を想定しているもよう。また、19年3月期も自社株買い実施は可能と考えている。

<3284> フージャース 1041 -2343日ぶり大幅反落で全市場下落率2位。今月末時点の株主に対し新株予約権を無償で割り当てる一部コミットメント型ライツ・オファリングを実施すると発表。全ての株主に対して普通株式1株につき新株予約権1個の割合で割り当てる。行使に際して支払う金額は1株当たり500円となっている。行使しない株主にとっては株式価値の希薄化が生じることになり、処分売りを急がせる要因となっているようだ。

<6054> リブセンス 626 +92一時ストップ高。先週末に17年12月期業績予想の上方修正を発表。営業損益は従来予想の収支均衡から2.2億円の黒字に引き上げている。コストの見直しを行ったことに加え、一部投資費用を来期に繰り越したことなどで販売管理費が予想を下回る見込みとなった。第3四半期までの状況から計画は保守的との見方もあったが、通期見通し公表後から株価は大きく調整していただけに、買い安心感が高まる形に。

<4612> 日ペHD 4110 +315大幅続伸。筆頭株主であるシンガポール塗料大手ウットラムグループが同社に送り込む取締役を増員し、取締役会の過半を握る株主提案を出したと伝わっている。同社は反発する公算で、3月の株主総会に向けて委任状争奪戦に発展する可能性があるともされている。今後の需給思惑が高まるほか、株主価値の向上策などに対する期待感なども高まっているようだ。

<2930> 北の達人 2910 +500ストップ高。2月14日を基準日として1株につき3株の割合で株式分割を実施すると発表し、買い材料視される展開となった。株式の流動性向上及び投資家層の拡大を図ることを目的としている。今第3四半期の好決算がポジティブ視され、先週1週間で約75%の株価上昇となっていたが、追加の好材料表面化で更なる上値追いの展開に。ファンドなどのショートカバー圧力も強まっているとみられる。

<6647> 森尾電 3035 +504ストップ高。川重<7012>が米ニューヨークの地下鉄車両、約1600両を受注する見通しになったと報じられている。受注総額は約4000億円で、同社にとっては過去最大規模とされている。同社は鉄道車両向けの電気機器が主力製品で、川重が第2位の大株主となっている。
今回の川重の大型受注によってメリット享受が期待できるとの思惑が先行しているようだ。

<7997> くろがね工作所 1724 +300ストップ高。先週末に17年11月期決算を発表している。営業利益は1.2億円で前期比46%減となり、今月18日に発表した下方修正水準で着地した。一方、18年11月期は2.7億円で同2.1倍と急回復の見通しとされている。一部季刊誌予想なども上回る水準となっており、過度な業績モメンタム低下への懸念が後退し、下方修正を嫌気して売られた分の反動も強まる状況となっているようだ。

<3747> インタートレー 421 -11買い先行もマイナス転換。ハナビラタケとヒアルロン酸を含有したセロトニン産生促進を企図する組成物、及びこの組成物を有効成分として含有するアルツハイマー病予防・治療剤に関する特許を取得したと発表。また、「ITはなびらたけふりかけ」を1月22日より新発売することも公表。ハナビラタケ関連事業の成長期待が改めて高まったが、買い一巡後は戻り待ちの売りに押された。

<4238> ミライアル 2512 +380大幅反発で上場来高値更新。18年1月期業績予想の上方修正を発表。営業利益は従来予想の8.3億円から12.0億円と、前期比2.6倍の水準に増額している。半導体業界の活況に伴い、主力の半導体関連製品が好調に推移したという。また、期末配当も従来の10円から記念配当10円をあわせた20円に増額すると発表。第3四半期までの状況から上振れ期待もあったが、想定以上の上方修正と捉えられているようだ。

<7181> かんぽ生命保険 2889 +62昨年来高値更新。SMBC日興証券は投資判断を新規に「1(アウトパフォーム)」、目標株価を3300円としている。高齢者顧客基盤と資産運用高度化、第三分野特約の販売強化などを市場は十分織り込んでおらず、生保業界内のトップピックに位置付けた。また、今後の金利上昇局面において株価の修正余地が大きいと判断、ゴールドマン・サックス証券も「中立」から「買い」、目標株価も2740円から3280円に引き上げ。

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。