マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】2018年の電機・精密セクターは総じて堅調に推移、SMBC日興証券(花田浩菜)

2018年1月24日 12:32

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/24付の「DailyOutlook」では、2018年の電機・精密セクターについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『電機・精密セクターの需要拡大は、スマホなど単一製品ではなく、「IoT(なんでもインターネット接続)」や「AI(人工知能)」拡大の動きが牽引役とみられるる。自動運転など自動車電装化や普通のスピーカーの執事ロボット化など、多数の既存製品に、IoTは「つなぐ」機能を、AIは「賢くなる」機能を付与する。IoT利用によるデータ急増が、データセンターなどクラウドインフラ増強を加速させている』と伝えています。

一方で、増勢が鈍化する製品には注意を払いたい、として『データ記憶素子の3DNANDフラッシュメモリーは、一定率の価格低下が通常ながら、予想外の需要増で需給が逼迫、逆に価格上昇を引き起こすに至った。需要増は継続しているが、大型設備投資継続と歩留り向上により、ここに来て需給は緩和、価格下落局面に戻ったと予想されている。3DNANDの好調さは、株式市場において関連銘柄に対する「期待感」を拡大させたが、期待感は一旦縮む可能性がある』と分析しています。

さらに、『電機・精密セクターにおける主要企業の業績は、19/3期についても総じて堅調な動きが見込まれている。短期的な株価調整懸念を踏まえて、当面は東エレクなど半導体設備投資関連を除く銘柄に注目したい』とまとめています。

最後にレポートでは、『電機・精密セクター・主要6社の業績・株価』を紹介しています。具体的には日立<6501>やソニー<6758>、TDK<6762>など全6銘柄が挙げられていますので、詳しくは1/24付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<DM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。